ここから本文

三菱電機自動車機器

テキスト版

環境性と経済性

Moving forward with Environment & Economy

電動パワーステアリングシステム製品

ブラシレスモータコントローラユニット

概要

電動パワーステアリングシステム(EPS)はトルクセンサで検出された操舵トルク信号を用い精密な電流制御でモータの駆動トルクを制御し運転状況に合わせてドライバーのハンドリングをきめ細かくアシストすることで、必要なときだけ電力を使用するため油圧式パワーステアリングシステムに比べ省燃費が実現します。

ブラシレスモータコントローラユニット(MCU)は、トルクセンサ信号やモータ回転速度などからハンドリングのアシストに必要なトルクを決定し、アシストに必要なトルクをブラシレスモータで発生し供給します。

特長

当社の第2世代EPSブラシレスモータコントローラユニットは、モータにポキポキコア、10極12スロット方式、Δ(デルタ)結線方式、セグメント型磁石を採用し、モータとコントローラを同軸上に一体構成したことで、同等出力の第1世代品に比べ、体積で50%、質量で30%の削減を実現した。

また、優れた操舵フィーリングを実現するため、ダンピング性能を高めた安定化制御と高回転化を実現した新たなモータ制御技術を開発した。

ブラシレスモータコントローラユニット(第2世代)