ここから本文

地域ビジネス活動

中部支社

ビジネス・導入事例

ミッドランドスクエア

展望用ダブルデッキシャトルエレベーター

爽快なスピード感!
ミッドランドスクエア向け展望用ダブルデッキシャトルエレベーター

  • ビル

導入の経緯

2006年に誕生した名古屋駅前のランドマーク、高さ247メートルを誇る「ミッドランドスクエア」では、一度に多くの人を運ぶ為に2階建ての「ダブルデッキエレベーター」を導入しています。また、エレベーターの乗客に高層からの景色を堪能頂く為に壁面が透明になっており、シャトルエレベーターとしては日本で初めて誕生した展望用ダブルデッキエレベーターです。

ソリューション

ダブルデッキシャトルの特徴を活かし、41階・42階の「スカイレストラン」や屋外展望施設「スカイプロムナード」まで約40秒で到着し、最大66名まで乗車する事ができます。また、出勤時にはオフィス用エレベーターとして、効率的でスムーズな運行を実現しています。

導入効果

ミッドランドスクエアは名古屋地区でランドマーク的な建物であり、また、エレベーターは外壁に面しているため注目度も高く宣伝効果が絶大です。

ページトップへ