ここから本文

地域ビジネス活動

中国支社

展示会・セミナー

終了しました

三菱電機システムサービス(株)
アドバンスソリューションフェア2016 in 広島

概要
名称

三菱電機システムサービス(株)アドバンスソリューションフェア2016 in 広島

会期

2016年6月15日(水)10:00~17:00
2016年6月16日(木)10:00~16:30

開催場所・住所

広島県立広島産業会館 西展示会

【住所】
広島県広島市南区比治山本町16-31MAP
【交通案内】
公共交通機関ご利用の場合の最寄停留所
・路面電車「南区役所前」より徒歩約1分
・バス「皆実町1丁目(南区役所前)」より徒歩約1分

入場料

無料。

セミナー申し込み

事前申し込み不要。

締め切り

事前申し込み不要。

定員

聴講者多数の場合はご入場いただけない場合があります。

主催・お問合せ先

【展示会事務局】
三菱電機システムサービス株式会社 中四国支社 総合営業部(担当:倉岡)
電話:082-285-4430(受付時間:平日9:00~17:30)
E-mail:wbs.seminar16@me.mitsubishielectric.co.jp

セミナー内容 / 時間
2016年6月15日(水)・16日(木)
セミナー1

10:30~11:10(40分)

講師:
三菱電機システムサービス株式会社 省エネソリューション営業部制御システム営業G
(講師名)呉松 泰和 グループマネージャー殿
タイトル:
補助金活用による照明・空調更新事例と省エネ効果のご紹介
内容:
<補助金活用による照明・空調更新事例と省エネ効果の紹介>
店舗・施設などで使用するなどのエネルギーの約7割を占める照明・空調設備の省エネをエネマネ事業者である当社が省エネ計画の提案・設計・工事・アフターサービスまでワンストップでご提供いたします。 今回のセミナーでは補助金を活用した具体的な成功事例を用い説明させて頂きます。
セミナー2

11:20~12:00(40分)

講師:
三菱電機株式会社 通信システムエンジニアリングセンター
セキュリティシステム部 関西通信システムグループ
(講師名)小畑 潔 専任殿
タイトル:
最新のセキュリティ技術の動向と画像解析技術の応用について
内容:
昨年9月に法案が承認・成立、今年の1月より施行されている改正個人情報保護法の改正ポイントから、民間事業者が講じるべき安全管理措置、セキュリティシステムを紹介するとともに、画像解析技術を用いた映像監視システムの最新動向をご紹介いたします。
1)改正個人情報保護法の改正ポイント
2)セキュリティ対策(物理セキュリティ)
3)既存の映像データを有効活用した映像解析技術
セミナー3

13:00~14:00(60分)

講師:
【1日目】
三菱電機株式会社 名古屋製作所 e-F@ctory推進プロジェクトグループ
(講師名)安部 潤一郎 MS殿
【2日目】
三菱電機株式会社 名古屋製作所 e-F@ctory推進プロジェクトグループ
(講師名)牧田 裕行 MS殿
タイトル:
ものづくりの将来を支えるFA統合ソリューションe-F@ctory
内容:
<ものづくりの将来像、業界動向、e-F@ctory概要説明、
三菱電機(株)名古屋製作所適用事例を紹介>
今、話題となっているIoTとは何か?
「ものづくり」における世界の動きや環境はどう変化しているのか?
三菱電機が掲げるe-F@ctoryをわかり易くご説明致します。

単純にシステム導入すれば実現できる、というものではなく利益を最大化するという目的に鑑み、経営層・製造現場の意識改革が必須要素となり、その中で、e-F@ctoryのコンセプトと変動要因に即応するための「人」の重要性、工場運営全体の変革実現も見据えた活動を、より詳細な(どんなデータをどう分析しているか)三菱電機 名古屋製作所の導入事例を踏まえて説明致します。
セミナー4

14:10~14:50(40分)

講師:
【1日目】
山菱テクニカ株式会社
(講師名)赤松 浩二 相談役殿
三菱電機システムサービス株式会社 機電事業推進センター
(講師名)岡元 伸一 主任殿
【2日目】
三菱電機システムサービス株式会社 機電事業推進センター
(講師名)岡元 伸一 主任殿
タイトル:
e-F@ctory合理化ソリューション事例
内容:
<e-F@ctory合理化ソリューション事例 導入事例紹介>
【1日目】
第3部でご説明したIoT技術を実際の現場で活用されているお客様である山菱テクニカ様から実例を講演頂き(6/15のみ)、その他のソリューション事例を説明させて頂きます。
【2日目】
第3部でご説明したIoT技術を実際の現場で活用したソリューション事例を説明させて頂きます。
【共通】
「稼働率向上、生産効率化、生産コスト削減、品質ロス最少化」と「エネルギー消費量削減、エネルギー消費効率化」とe-F@ctory活用による品質・設備情報の一元管理・ショップ毎の製品データ(品質試験データ)の収集、管理(トレーサビリティ)・品質情報の見える化、製品特性の傾向管理をコンセプトに三菱電機システムサービスはSA1-Ⅲを開発し、多数のお客様に導入頂いています。その中で、山菱テクニカ様ではSA1-Ⅲを導入し、「生産性向上」「省エネ」に成功。どのようなデータをどう分析したかより具体的に説明させて頂き、お客様の改善活動のヒントになるような情報を提供させて頂きます。
※6月15日のみ 6月16日はSCによる導入事例を紹介
セミナー5

15:00~15:30(30分)

講師:
三菱電機システムサービス株式会社 中四国支社 機電部 機電システム課
(講師名)河田 功一郎 課長殿
タイトル:
受配電設備・ラインの安定化した稼働に向けた点検・更新のご提案
内容:
<受配電設備の安定した稼動に向けた点検についてMT法余寿命診断を紹介>
弊社では各種FA機器製品の修理・保守点検・据付調整・機器更新などを通じ、製品の最適なライフサイクルプランをご提供している中、製品の余寿命は後どれくらいなのか、何年後に更新費用の予算化をすべきか等のお悩みを、MT法を使用した受配電機器の余寿命診断での解決法をご紹介させて頂きます。

※都合によりセミナーの内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

ページトップへ