ここから本文

地域ビジネス活動

北海道支社

支社だより・活動報告

2017 三菱電機ミニバスケットボールサマークリニック in 釧路

2017年8月11日(金)、総合体育館「湿原の風アリーナ釧路」にて、頭記クリニックを開催し、当社グループであるB.LEAGUE・1部の男子バスケットボールチーム「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」の選手・スタッフ9名が、釧路地区の小学校4~6年生の児童93名に指導しました。
初めに、基礎である体幹トレーニングを実施。児童達は選手達と同じメニューのトレーニングを行い、バスケットボールをする上での体づくりの大切さを学びました。
次に、4つのグループに分かれ、パス、シュート、ドリブル練習をローテーションで行いました。選手・コーチ達は実演を通して、児童達に基本技から応用技まで伝授。プロ選手から学ぶことは多かったことと思います。
続いて選手とのミニゲーム、フリースロー大会。選手たちのダイナミックなプレーに児童たちは大興奮の様子。クリニックで学んだことを発揮すべく、臆することなく果敢に立ち向かう児童達の姿は真剣そのものでした。
クリニック終了後は、チームのグッズが当たるじゃんけん大会や選手のサイン会が行われ、選手・コーチと児童たちの交流の場となりました。

※このサマークリニックは、毎年各地持ち回りで行われるミニバスケットボール連盟主催の「北海道ミニバスケットボール夏季交歓会」(全道大会)の前日に開催され、2002年から16年連続で開催しております。

ページトップへ