ここから本文

地域ビジネス活動

北海道支社

ビジネス・導入事例

国土交通省 北海道開発局 網走開発建設部様

太陽光発電設備

世界自然遺産にふさわしいクリーンエネルギー

  • 公共

導入の経緯

国土交通省の「道路施設における太陽光発電社会実験」として、『道の駅うとろ・シリエトク』にて、使用電力消費の減少、CO2排出量の削減効果等の検証を行うために導入されました。

ソリューション

太陽電池パネル82枚の構成で、15kWの容量です。日射による発電量と負荷容量を常に監視し、状況に応じて負荷への電力供給、蓄電池への充電、夜間は蓄電池からの電力供給と効率的に切換を行います。

導入効果

知床世界自然遺産の入り口であり、知床観光船発着場のある斜里町ウトロの道の駅への設置なので、国内外の観光客に対しても、世界自然遺産にふさわしいクリーンエネルギー化の設備で、環境意識の高まりを強くアピールしています。

お客様情報

お客様名:
国土交通省 北海道開発局 網走開発建設部様
所在地:
〒099-4354 北海道斜里郡斜里町ウトロ西186番地8 道の駅うとろ・シリエトク
URL:
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/99/each.htm

ページトップへ