ここから本文

地域ビジネス活動

神奈川支社

支社だより・活動報告

「東京湾アマモ再生活動」への参加

2017年6月10日(土)に、神奈川県内の事業所が共催している「里山保全活動」の一環として、横浜市金沢区の「海の公園」にて「東京湾アマモ再生活動」を実施しました。この活動は、海水浄化作用のある海草「アマモ」の藻場を再生し、海の浄化や生態系の保全を目指すボランティア活動で、当社は2013年より参画しています。

アマモは海水を浄化し、その群生は小魚などの隠れ場・生育場、魚の産卵場となることから「海のゆりかご」とも呼ばれ、海の生態系保全に重要な役割を果たしていましたが、戦後の港湾開発や埋め立てによって減少の一途をたどっていました。近年ではその重要性が再認識され、日本各地でアマモ場を再生する取組みが行われています。

5回目となる今回は、神奈川県内の事業所や関係会社・代理店の従業員とその家族134名が海に入り、アマモの「花枝」と呼ばれる種の部分を約1,600本採取した他、アマモ場に生息する生物の観察を行いました。採取したアマモの花枝は、協力団体であるNPO法人海辺つくり研究会にて、今後のアマモの繁殖活動に役立てていただきます。今秋には、東京湾各地の海への植樹も予定されています。

ページトップへ