ここから本文

地域ビジネス活動

九州支社

ビジネス・導入事例

福岡市交通局様

可動式ホーム柵

駅プラットホームを安全・快適な空間にします

  • 公共
  • 交通

導入の経緯

「交通バリアフリー化(公共交通機関を利用した移動の利便性・安全性の向上)」の一層の推進と列車との接触・プラットホームからの転落事故を防止し、さらに列車自動運転のための安全性を向上。快適な駅空間を創造するために導入することになりました。

ソリューション

福岡市交通局様における導入写真です。ガラスドアを採用し、明るく広がりのある駅空間となっています。ホームドアは、お客様の乗降時に列車の乗降扉と連動して開閉します。列車とホームドアの間の居残りや戸挟み、巻き込み検知などの各種安全対策を採用し、列車自動運転やホームの安全性向上を強力にサポートしています。

導入効果

列車との接触・プラットホームからの転落事故防止に寄与し、すべてのお客様が安全・快適に利用できる駅空間を創造しています。

お客様情報

お客様名:
福岡市交通局様
所在地:
福岡市中央区大名2丁目5-31
URL:
http://subway.city.fukuoka.lg.jp/index.html

ページトップへ