ここから本文

地域ビジネス活動

四国支社

支社だより・活動報告

ボッチャ体験会開催

当社は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(エレベーター・エスカレーター・ムービングウォーク)として、大会関連施設や周辺インフラのバリアフリー化に貢献するとともに、オリンピック・パラリンピックのムーブメントの推進、日本代表選手団の応援など大会成功に向けた活動に取り組んでいます。
今般、四国支社では、従業員に対するパラリンピックスポーツへの一層の理解促進を目的として、パラリンピックの正式種目にもなっている「ボッチャ(※)」用具を購入し、体験会を開催いたしました。
最初は、的となるジャックボールとの距離感やボールの転がり具合に慣れずに苦戦していた参加者でしたが、チームメイトと声を掛けあい、より高い得点を目指し競技に熱中しました。
今後も、部門別対抗戦等の職場レクリエーションの開催や、当社グループ従業員への貸出等を予定しており、多くの方に障がい者スポーツを身近に感じていただけるよう活動に取り組んでまいります。

◆当社では全国各地で障がい者スポーツを通じて、共生社会への理解を深めていくきかっけにしていただく「三菱電機 Going Up キャンペーン」を全国で展開しています。2017年5月には香川県でも実施しました。その模様は「三菱電機 Going Up キャンペーン」サイトをご覧ください。

※ボッチャは、目標となる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う競技です。

ページトップへ