ここから本文

地域ビジネス活動

四国支社

ビジネス・導入事例

伊予鉄道株式会社様

いよてつ東温ソーラー発電所

  • エネルギー

導入の経緯

同社は、過去に「伊予鉄道電機(株)」として電気を発電し、愛媛県内及び高知・徳島県の一部に電気を供給する事業を手掛けており、昭和17年に国家総動員法に基づく配電統制令で電力部門(現在の四国電力)を分離するまで発電事業を継続していました。今回の太陽光発電は71年ぶりの発電事業復活となります。

ソリューション

社有地の有効活用として2012年12月に第一期のパネル容量1.26MWの発電を開始。2015年度に増設工事を実施し、2015年12月現在では総パネル容量約2.2MWで発電事業を行っています。

導入効果

太陽光パネルは、8,568枚設置され、発電量は年間約210万Kwh(一般家庭約600戸に相当)であり、環境負荷の軽減にも貢献するものと期待されています。

お客様情報

お客様名:
伊予鉄道株式会社様
所在地:
愛媛県松山市湊町四丁目4番地1
URL:
http://www.iyotetsu.co.jp/

ページトップへ