ここから本文

地域ビジネス活動

東北支社

支社だより・活動報告

あしなが育英会 仙台レインボーハウスでの科学教室開催

東日本大震災などで大切な人をなくした子どもたちの心のケア活動を行っている「NPO法人子どもグリーフサポートステーション」主催の「なつやすみ工作教室」で、科学教室を実施しました。(2015年8月8日)
当社社員が講師となり行った「色と光のなぞ実験」・「光万華鏡工作」、「モーターの振動で動く動物」、「コップで!電気を作ろう」といった実験・工作のプログラムで、熱心に取り組む子どもたちの活き活きとした表情がとても印象的でした。
当社は、マッチングギフト制度「三菱電機SOCIO-ROOTS基金」(※)にて東日本大震災の震災遺児への支援として、2012年度から同NPO法人へ寄付しています。今回は、母子家庭のお母様方から子どもたちの夏休みの自由研究に対する悩みが多く寄せられているとのことから、当社各事業所で開催している科学教室を、保護者と子どもたちが一緒に楽しみながら取り組める場として、東北地区で初めて開催させていただいたものです。

※社員からの寄付に対して、会社がそれと同額を加え寄付を行うもの。

光を重ねると白になった!

動物はうまく走るかな

電気ができてオルゴールが鳴ったよ

教室後に参加者のみなさんと

ページトップへ