ここから本文

地域ビジネス活動

東北支社

ビジネス・導入事例

株式会社楽天野球団様

東北楽天のホームグランド
楽天Koboスタジアム宮城オーロラリボン

  • 映像

50年ぶりに新設され、日本中の話題をさらったプロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」。ゴールデンイーグルは東北6県に生息する天然記念物「イヌワシ」のことで、楽天・三木谷オーナーの東北地区に対する熱意を象徴したネーミング通り、つねに日本のプロ野球界にホットな話題を提供し続けています。そのフランチャイズ球場であり、東北全体の夢と期待を担ってリニューアルされた東北楽天のホームグランド楽天Koboスタジアム宮城に、三菱電機が世界に誇るエンターテイメントメディア「オーロラリボン」が導入されました。各方面から注目を集めている次世代エンターテイメントメディア「オーロラリボン」は、ボールパークをコンセプトに発展を続ける球場にベストマッチしています。

導入の経緯

ボールパークを表現するエンターテイメントな設備を検討。キーワードは「野球を魅せる」演出。

楽天イーグルスの試合はいつもスタジアムを楽しむファンの熱気に包まれている

ロッテオリオンズの本拠地でもあった県営宮城球場の改修工事は、新球団発足と同時にスタートを切りました。そして、2005年3月、日本最大の両翼を持つ東北楽天のホームグランド楽天Koboスタジアム宮城として新しく生まれ変わりました。翌年も客席を中心に改修工事を進め、2万3000人を収容する日本有数の新球場としてさらにパワーアップ。プロ野球ファン以外の地元の人々からも愛される施設として、その設備の拡充を図っています。株式会社楽天野球団が定めた東北楽天のホームグランド楽天Koboスタジアム宮城のコンセプトは「ボールパーク」。「試合を楽しむことも大事だが、球場にいくことそのものも楽しくなる、前夜からワクワクするようなスタジアム作り」を合い言葉に、アトランタ・ブレーブスのターナー・フィールド、シカゴ・ホワイトソックスのUSセルラー・フィールドなど、米国流のボールパークをこの東北の地で実現しようとしています。

ソリューション

日本初! 全長94メートルの帯状高輝度LED映像装置がファンと一体となって感動を盛り上げる。

明るい高輝度LED

球場を盛り上げるエンターテイメント「オーロラリボン」。そのベースとなる画像表示技術には、東京競馬場に納入された世界最大の「オーロラビジョン」と同仕様の画像表示システムが採用されています。通常、発光体であるLED素子は経年変化により、素子毎に輝度のバラツキが発生してしまいます。三菱電機は、通常行われているピクセル単位での調整ではなく、独自の技術によるドット(素子)単位での調整技術を確立。明るさと色合いの最適補正に成功しました。この技術により、均一な画面表示をつねに維持することが可能となり、画質劣化を追放。世界導入実績1200セット超のトップシェアを誇り、業界をリードしています。「オーロラリボン」はその画像表示技術の進化形として開発され、多様なファンサービスを高める演出装置として、すでに欧米では認知されつつあります。米国4大スポーツの競技場や欧州のサッカー施設ではゲームの演出に欠かせないメディアとしての地位を確立。
現在ではむしろソフト面での差別化と、新しい広告表示装置としての役割を期待されています。変化の激しい競技にはスピード感溢れる演出が必要不可欠。制御システムは汎用PC一台で帯状スクリーン全体をコントロールできるよう、専用のアプリケーションシステムを開発しました。すべての画像フォーマットを扱うことはもちろん、リアルタイムでのオーバーレイ(重ね合わせ)機能や、表示領域(ゾーン)別のコンテンツ制御も可能です。さまざまなコンテンツ表現が、スポーツライブ運用者の思い一つで制御できます。楽天野球団での新しい運用が、日本のプロ野球の新しいファンサービスを創出していくことになるでしょう。

導入効果

今までに無い演出が可能になったことで来場者の満足度が大幅にアップ。広告収益の向上にも効果が。

オーロラリボンの広告表示

観客席のすぐ後ろで表示される「オーロラリボン」は、球場に集まったファンたちの一体感を醸成します。ヒット、ホームランといったタイムリーな言葉の表示や、選手登場時に表示される名前やデータは野球ファンでもなくとも盛り上がり、期待感が高まります。老若男女を問わずに野球観戦を楽しむ「ボールパーク」という考え方のもと、楽天野球団では近隣への配慮とプレーの円滑な進行、そしてボール音が聞こえる観戦環境を育むため、鳴り物入りの応援を大幅に規制しています。新球団らしい先取の取り組みとして、プレーする選手や連盟、また地元の人々からも賛同を得て、新しい応援は進化を続けています。「オーロラリボン」が開始の合図になる新しい応援方法は、東北楽天のホームグランド楽天Koboスタジアム宮城の独自の光景として定着。夜のプロ野球ニュースでも、「オーロラリボン」の映像がニュースカットの一つとして使われています。また、広告メディアとしての「オーロラリボン」は、楽天野球団の先進性と相まって、新しいメディアとしての地位を確実のものとしています。

インタビュー1

ボールパーク養成ギブスに、「オーロラリボン」は欠かせない設備になったのではないでしょうか。

鹿島建設株式会社 常務執行役員 東北支店長 赤沼 聖吾様

人気沸騰。臨場感いっぱいの砂かぶり席

3年前の10月に、楽天さんから楽天Koboスタジアム宮城の改修に当たりゼネコン数社にオファーがあり、我々鹿島建設は「ボールパーク」という球場全体を公園のように捉えるコンセプトで応募しました。「野球をとことん楽しむ」「球場をとことん楽しむ」「新しい野球場のあり方」を追求した提案が、三木谷オーナー始め楽天さんの幹部の方々に高い評価を受け、当社のプランが採用となりました。具体的には、既存球場に構造的に負担をかけずに外側に弓形の鉄筋コンクリートフレーム「ボールパーク養成ギプス」を設けることにより、外部はボールパークに相応しいダイナミックなファザードを形成し、内部にはロイヤルボックス、プレミアムラウンジなどの高級感のあるスペースや、売店・トイレ等があるコンコースの幅が広がるなど、バリエーション豊かな空間形成が可能になりました。また、レフト側外野芝生席には標高8mの「楽天山」を設け、子供と一緒にピクニック気分で野球を楽しめるエリアや、1・3塁ファールライン近くまで張り出して内野手の目線で観戦できる「フィールドシート」、バックネット裏に掘り下げて造られたキャッチャー目線で観戦できる「砂かぶり席」など、これらの新しい野球の楽しみ方は多くのファンに受け入れられ、我々の提案が素晴らしいものだったことをあらためて自負しています。また、両翼の「外野ウィング席」も応援団席として盛り上がっておりますが、これは球場全体のデザインつまり楽天ゴールデンイーグルスの「イヌワシの翼」を模っており、「グッドデザイン賞」を受賞するのに大きく貢献しました。
現在も楽天野球団さんに今後の「球場の成長」をご提案中で、これからもどんどん球場が進化していくものと考えています。そういう意味で、今年、日本の球場では初めて「オーロラリボン」という大リーグのメディア設備が導入されたことは、球場に新しい魅力を加えたことになり大いに歓迎しています。今年はオールスター戦も開催され、全国区の球場と認知されたと思っています。「オーロラリボン」の映像も野球ニュースなどでもよく見かけるようになりました。今後オーロラリボンに期待することとしては、イーグルスファンとして、野村監督の「ぼやきのメッセージ」や選手のブログに載っているプライベートな部分の紹介など、ファンの興味のある部分に踏み込んで、試合に影響しない形で流れるとさらに楽しいのかなと思います。そのためには外野スタンド後方への増設なども期待しています。

インタビュー2

大リーグで培った地域密着のスポーツエンターテイメント・ノウハウを、仙台から全国へ向けて発信していく。

三菱電機株式会社 東北支社 社会システム部 社会システム第一課 担当課長 斎 美明

無限の可能性を秘めた94メートルの超横長「次世代エンターテイメントメディア」

三菱電機の大画面画像ノウハウは大リーグとともに歩んだといっても過言はないでしょう。1980年にロサンゼルスのドジャースタジアムに導入されたダイアモンドビジョンが当時では世界で初めてのこと。造船不況で船舶電機品の需要がなくなった長崎製作所のスタッフが死にものぐるいになって開発を進めたことと、船舶用電機品で培われた高い信頼性とコストパフォーマンスが製品化を後押ししたと聞いています。野外ディスプレーのマーケットをネオンサイン型から画像表示型へと一大転換させた、世界的にも画期的な出来事です。その後も三菱電機は、LEDの登場やフルハイビジョンの登場といったエポックとなる画像技術の変化にも対応し、世界のトップシェアを維持し続けています。それは、導入後のメンテナンスや制御システム運用といった一元管理に秀でているためでしょう。とくにスポーツ関連施設では、コンテンツとの相性まで考慮するエンターテイメント性が要求されるため、導入と同時に“進化”もはじまります。今回の東北楽天のホームグランド楽天Koboスタジアム宮城への機器導入の提案も、その運用ノウハウが評価されたと聞いています。現在もベースボール・エンターテイメント王国であるアメリカでは、三菱電機の技術者と球場運営者がマンツーマンでシステムの拡張を続けています。楽天野球団様と私ども三菱電機東北支社のチームも、同じようにマンツーマンでバージョンアップを図り、日本から発信できる「オーロラリボン」の運営ノウハウを確立したいと考えています。技術的には球場を一周させる規模まで拡張させることができます。それも一台の汎用PC、1人のオペレータで運用が可能です。
コンテンツ次第では映像のセッションや、CMに代わる新しい広告映像メディアとして、これからも進化していくことでしょう。欧州のサッカースタジアムでは、回転広告表示板に代わって、すでにピッチサイドへの導入が進んでいます。ファンサービスの新しいカタチは、ここ東北から世界へ向けて情報発信され続けることでしょう。
(※上記は2007年8月時点の情報となります)

お客様情報

お客様名:
株式会社楽天野球団様
所在地:
仙台市宮城野区宮城野2-11-6
URL:
http://www.rakuteneagles.jp/
概要:
2004年に発足したプロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」の運営、ほか関連事業を行う。50年ぶりの新規参入チームとして、プロ野球に一石を投じるというコンセプトのもと、仙台から新しい試みを次々と発信している。
2013年には球団創設9年目で初のリーグ優勝、更には日本シリーズを制覇。

製品情報キーワード

ページトップへ