衛星携帯電話WIDESTARU

今求められる企業の危機管理(災害時の通信確保)

ワイドスターUならつながります!

大規模災害時の社員の安否確認、被害状況の把握、事業継続・復旧活動への対応には、いずれも通信手段の確保が重要なポイントとなります。
阪神・淡路大震災では、通信衛星回線はまったく通信が途絶しませんでした。それに比べ、社内専用回線や固定電話、携帯電話はシステムダウンや通話の集中により復旧までに時間を要しています。
通信衛星回線が災害時に途絶えなかった理由は、通信衛星を介して結ばれているために地上インフラのダウン、地上回線の混乱などの影響を受けなかったからです。どんな場所でも安定した音声通話・データ送信が可能な衛星電話は、信頼性の高い通信インフラとして被災時にも威力を発揮します。
トップダウンによる迅速な指示、緊急報告が求められる災害時には、被害状況に左右されない衛星携帯電話が最も有効な通信手段といえるでしょう。

▲ ページトップに戻る