ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

DA-PX1 USABILITY

DA-PX1の写真

他の追随を許さない卓越したユーザビリティーと利便性の高さ

DP-PX1はデザイン面から、プリアンプ部・リニアPCMメモリープレーヤー部の機能面や音質調整における全てにおいて、ストイックなまでにDIATONEのポリシーを注入しました。

デザイン

ホームオーディオの風格漂うメインユニット

カーオーディオの領域を遥かに超えた圧倒的な存在感。アルミの上質なマテリアル感を活かした褐色のボディに、DIATONEロゴのゴールドラインが美しく輝くこだわりのデザインです。

高精細・高品位なディスプレイユニット

上質な筐体に、フルカラー液晶を採用した見やすいディスプレイ。
アナログの回転ボリュームを意識させるデザインなど、ホームオーディオを思わせる高級感を演出しています。

ディスプレイユニットの写真

アルミ製コンパクトリモコン

アルミ製コンパクトリモコンの写真

アルミのテクスチャーを活かした手になじむリモコン。機能をコンパクトにまとめた高級感あふれるフォルムです。

プリアンプ部

豊富な入力系統

ディスプレイの写真

USBを2系統、デジタル5系統(オプティカル3系統・4Pin車載用オプティカル1系統・コアキシャル1系統)、アナログ2系統(コアキシャル1系統・スピーカーライン入力1系統)に対応。既存のシステムや地上デジタルTVチューナー等の増設にも対応可です。

入力系統側面・背面の写真

状況に応じたインストールが可能な表示部

出力端子の写真

付属ディスプレイユニットでの表示の他にサテライト部に別途ビデオ出力を装備。
ディスプレイユニットがインストールできない場合でも、モニター出力端子も有しており、既存のディスプレイ(お持ちのモニター)に各種表示をさせることも可能※1です。
さらに、後席からの操作ができるように、リモコン受光部を2個同梱しています。

※1 「ディスプレイユニット」と「既存のディスプレイ(NTSC入力)」での同時出力も可能。

表示部のインストール例の写真

システム構成はメイン2ch+サブウーファー出力※2

メインチャンネルはRCA 2ch(L/R)出力。また、独立してサブウーファー専用出力(ステレオ2ch/〜150Hz)を搭載しており、専用のタイムアライメント、GEQ、ハイカットフィルター、サブソニックフィルターを装備しております。サブウーファーはシステムに応じてステレオ/モノラルの選択が可能です。※3

※2 DA-PX1 1台でのシステム構成

※3 サブウーファーのステレオ/モノラル選択はメインユニット内のディップスイッチで設定します。その他GEQやフィルター等の機能はパソコン上での調整となります。

メイン2chの写真、サブウーファー出力端子の写真

マルチチャンネルアンプシステムに対応可能※4

マルチチャンネルアンプシステム 出力端子の写真

デジタルプロセスセンターを複数台並列接続する事により、マルチチャンネルアンプシステムへの対応が可能です。

※4 デジタルプロセスセンターを複数台接続するマルチチャンネルアンプシステムでは、メモリータイムコレクターは使用できません。

マルチチャンネルアンプシステムの構成例

リニアPCMメモリープレーヤー部

理想な双方向デジタル信号伝送を実現した「DIATONEリンク」

USBメモリーによる再生時は、メインユニットからサテライトユニットに基準システムクロックを伝送して、メインユニット内のマスタークロックを基準クロックとすることで、信号伝送に伴う時間ゆらぎ(ジッター)の影響を受けない、DIATONEリンク方式を採用しています。

USBは様々なフォーマットに対応

USB2系統は、最高音質のリニアPCM(WAV)をはじめ、USBメモリーの容量を考慮した圧縮オーディオ(MP3、WMA、AAC)にも対応。
また、iTunes等※5で作成した音楽データにも対応しています。市販のUSBカードリーダーを介してSDカードやメモリースティック、コンパクトフラッシュなどの各種メモリー※6も使用できます。

※5 圧縮方式はMP3とAACのみ対応します。なお、iTunes Storeで購入した「保護された曲」、AIFF、Appleロスレス、オーディオブックは再生できません。

※6 全ての製品の動作を保証するものではありません。セキュリティー機能を有したUSBメモリーには対応しておりません。

使い勝手を充分に意識したメモリープレーヤー※7

USBメモリー接続時には、日本語表記の音楽ファイルも表示可能。また、音楽ファイルの読み込みだけではなく、フォルダの階層にも対応。アーティスト毎やアルバム毎に音楽ファイルが整理でき、シーンに合わせての選曲が可能です。

※7 USBメモリーの曲順は、USBメモリーにデータを保存した順番で再生しますのでご注意願います。

USBメモリー接続時のディスプレイの写真

音質調整

音質セッティングについて

インストール時などに行うベースの音質調整は、DA-PX1取扱店舗がPCでセッティング。リモコンでの音質調整は、「プリセットメモリー」をはじめとして、「トーンコントロール」、「サブウーファー出力レベル」、「リアルビット選択」、「タイムコレクター選択」、「DAフィルター調整」、「左右バランス調整」、「バス・トレブル調整」、5.1chや2chなどの「サラウンド設定」、迫力ある低音を実現する「リアルベース」など、基本的な音質調整が可能です。

4種類のDAフィルターを装備

DA変換後には、4種類の異なるフィルター特性を切り換えられる高精度4倍オーバーサンプリング32Bitデジタルフィルターを搭載しました。

5種類のプリセットメモリー

自由な特性をプリセットできる5種類のプリセットメモリーを装備。音楽ソースや、リスニングポジションに合わせて好みのメモリーを選択できます。

ディスプレイの写真

ここまで本文です。