ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

DS-G20 コンセプト

より美しく、より自然に、音楽とクルマを融合させる。振動板素材「NCV」の新たな革新へ。

DIATONE独自の振動板素材NCV(ナノ・カーボナイズド・ハイベロシティ)。
その優れた性質は、上位モデルであるDS-G50ですでに採用され、
スピーカーの世界に革新をもたらしました。
そして、今、DIATONEの思想である「ありのままの音を再現する」のはもちろん、
クルマにはじめから設置されていたかのような装着性を徹底追求。
もっと多くの人たちへDIATONEサウンドを届けるために、
2Wayスピーカー〈DS-G20〉が誕生しました。

NCV(ナノ・カーボナイズド・ハイベロシティ)

トゥイーターとウーファーの振動板素材を統一。

DS-G20の振動板素材「NCV」は、高音域でよく採用される金属製振動板を凌ぐ5,000m/秒という音の伝わるスピードと、低音域でよく採用される紙製振動板が持つ固有音のなさを両立させた、画期的な樹脂素材。そのため、トゥイーターとウーファーの振動板を同一素材で揃えることが可能となり、これまで困難だった低音から超高音まで統一された音色を実現しました。
*NCV … Nano Carbonized high Velocity

振動板素材の「伝搬速度」と「固有音の影響度」の関係
チタン、アルミニウムと同等の高伝搬速度と紙製振動板と同等の固有音のなさを両立。

どうして、同じ振動板素材がいいのか?

良質な高音と低音を出すためには、振動板素材に求められる性質が異なります。高音の再現には音を伝えるスピードが優先されるため、金属などがよく使われます。しかし金属は叩くと「キンキン」と共鳴音を発し、この音が音楽に固有の音色としてまとわりつきます。一方、低音用スピーカーはスピードの優先度が低いため、共鳴音・固有音の少ない紙などの素材が使われます。すると高音は「金属」、低音は「紙」と、音色の異なる素材を組み合わせて使用するので、音色のバランスには限界がありました。何も加えず、何も引かず、ありのままの音を再生するためには、振動板を同一素材にすることが理想だったのです。

DIATONE SOUND. NAVIで、そのポテンシャルはさらなる高みへ。

DS-G20 のポテンシャルを、さらに引き出すナビがあります。それは、「DIATONE SOUND. NAVI」。DIATONEが持つ音響技術とハイエンドカーオーディオに匹敵する調整機能を惜しみなく搭載することで生み出されるピュアサウンドは、DS-G20との組み合わせによって、さらなる次元へと飛躍します。ぜひ、あなたのクルマで、感動音質の世界を堪能してください。

脇森 宏氏/石田 功氏/鈴木 裕氏

DIATONE SOUND. NAVIは、カーオーディオ専門情報誌「オートサウンド」が選ぶオートサウンド・グランプリ2012において、選考委員6名中、3名(脇森 宏氏、石田 功氏、鈴木 裕氏)のゴールデンアワードを受賞しました。

ここまで本文です。