ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

  • DS-SA1000 のトップページへ
  • DS-G500 のトップページへ
  • DS-G300 のトップページへ
  • SW-G50 のトップページへ
  • 生産終了した製品一覧 のページへ
  • EVENT のページへ
  • DEMO CAR のページへ
  • SHOP GUIDE (DIATONE認定店) のページへ

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

DS-G500 CONCEPT

よりダイナミックに、よりナチュラルに。新構造NCV振動板で音楽の感動と興奮が加速する。NCV - Nano Carbonized high Velocity

DS-G500写真

静寂の中にある微小な音の忠実な再現や、音楽のディテールや抑揚感を正確に表現、さらに音場を上下左右、奥行きまでも立体的に再現する。こうした音楽ソースに含まれるすべての情報を余すことなく再生することで、感動や癒しといった音楽が持つ力を正確に伝えることができるのです。DIATONEは何も足さず何も引かず、音楽制作者の意図を損なうことなく、音源に含まれる音楽情報をそのまま再現することを設計思想としています。またDIATONEのポリシーである、「聴感上の高S/N感(音楽に対して雑音の影響が小さいこと)」を追求。情報量が多くクリアで抜けのいいナチュラルな音楽再生を実現するために、必要な技術や素材を自ら開発。特にスピーカーの音質を決定づける最重要要素である振動板には徹底的にこだわっています。目指すのは高い伝搬速度を持ちながら適度な内部損失により固有音を抑制するという、二律背反とも言える2つの要素を高い次元で両立する理想への挑戦です。この挑戦から数々の振動板素材を自社で開発。B4Cピュアボロン、SRチタン、アラミッドスキン・アルミハニカムコーンなどの優れた振動板素材も、この設計思想によって生み出されました。

そしてCDよりもさらなる高音質音源であるハイレゾ再生を見据えて開発された新世代の振動板素材が、カーボンナノチューブと数種類の樹脂の最適な配合によって生まれた「NCV」です。これは樹脂素材でありながら金属であるチタンを凌ぐ5,600m/秒に到達した高い伝搬速度と、紙と同等の適度な内部損失を持ち合わせ、これまでの常識を覆し振動板の革命と呼ぶに相応しい性能を実現しています。さらに射出成形による製造が可能なので、サイズや形状の自由度が高いという特長も持ち併せています。DS-G500の前身であるDS-G50はすべてのユニットの振動板素材に「NCV」を初めて採用。マルチウェイスピーカーでありながら、多くのハイエンドスピーカーが求めながらも実現できていない、フルレンジスピーカーのような低音から高音まで統一感のある音楽再生と、全周波数帯域でのハイスピード化を可能としました。また取付や調整で苦労を重ねることなく車室内でハイエンド再生を実現する、まさに「音とクルマとの融合」という難題すらも克服し、Auto Sound Grand Prix 2011 ゴールデンアワードを受賞しています。

そしてDIATONEはDS-G50よりもさらなる高みにある「超」高音質再生を見据え、さらなる進化を遂げた「NCV」振動板を新開発しました。求めたのは剛性をさらに高め、余分な共振を徹底的に抑えた新しい振動板形状です。研究所との共同開発によりシミュレーションと実際の試作と試聴を徹底的に繰り返し、NCVの持つポテンシャルを最大限に引き出す新構造を追求しました。そこから誕生したのが微少な変形すらも抑えるウーファー用の「ソリッドライン構造」と、トゥイーター用の「Yコンタクト構造」です。この新振動板構造の採用によって、DS-G500はこれまでとは別次元の音楽再生能力を獲得。演奏者の感情の変化すらも気づかせるほどの繊細な表現力と、まるで口径が大きくなったかのような高いエネルギー感によるダイナミックな音楽再生能力を高次元で両立しています。また低音域から高音域まで高い一体感を持ち、極めて自然で絶妙なバランスを保ち、よりナチュラルでしなやかな音を奏で、カーオーディオであることを忘れさせるほどの空間表現を可能としました。DS-G50で高い評価を受けた取付性はそのままに、音質をさらなる高次元へと導いた新世代の「NCV」振動板スピーカー、DS-G500の誕生です。

振動板素材の違いによる代表的な周波数特性

振動板素材の「伝搬速度」と「固有音の影響度」の関係

ここまで本文です。