ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

  • DS-SA1000 のトップページへ
  • DS-G500 のトップページへ
  • DS-G20 のトップページへ
  • SW-G50 のトップページへ
  • 生産終了した製品一覧 のページへ
  • EVENT のページへ
  • DEMO CAR のページへ
  • DHOP GUIDE (DIATONE認定店) のページへ

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

DS-G500 NETWORK

優れたシステム&インストレーション対応力。

純正トゥイーターとの交換も容易なコンパクトサイズトゥイーターや、クルマへの取付性を十分に考慮したサイズを採用したウーファーフレーム、バイアンプ・バイワイヤリング対応のネットワークの採用によって、純正システムのステップアップからハイエンドのフルシステムまで、DS-G500は多彩なシステムに柔軟に対応可能です。サウンドクォリティとインストレーション対応力を高次元で両立させ、幅広いクルマでハイエンドサウンドをお楽しみいただけます。

ネットワーク NW-G500 の写真

素材。設計。そのすべては音のために。

DIATONEの設計思想を反映した高性能・高音質ネットワーク。サウンドバランスに優れたネットワーク・パッシブシステムを構築します。

バイアンプ/バイワイヤリング説明図

独立筐体

トゥイーター用とウーファー用を各々専用とした独立筐体方式を採用。ネットワーク間の干渉を断ち、クリアな音楽再生を実現しました。各ネットワークは独立した入力端子を持ち、バイアンプやバイワイヤリング接続などの多彩なシステム構成に対応します。トゥイーター用のネットワークにはアッテネーターを搭載。好みに合わせて0dB、-2dB、-4dB の選択が可能です。

独立筐体写真

高音質パーツの採用

導体厚70ミクロンで伝導率が高いプリント基板や、音響用ポリプロピレンコンデンサなど、あらゆるパーツにこだわりました。コイルはウーファー用、トゥイーター用ともに鉄心コイルを使用し、振動板と同様に音色の統一を図っています。また音質に大きな影響を与えるハンダは、徹底的な試聴を繰り返して開発したDIATONEオリジナルのハンダ素材「DIATONE SOLDER」を採用しています。

高音質パーツの採用写真

優れた装着性

徹底した調査により、ウーファーフレームはほとんどのクルマに対して最少の加工でドアへの取付が可能なサイズに決定。アウターバッフルによる取付はもとより、純正スピーカーグリルを活用するインナーバッフルへの取付も可能としました。トゥイーターの外形寸法はダイレクター未装着時は41.5mmで、純正トゥイーターに匹敵するコンパクトサイズを採用したため、多くのクルマで純正トゥイーターとの交換も容易となっています。ネットワークは独立筐体のため設置場所の自由度が高く、スピーカーとネットワークの距離差を短縮することも可能です。

ウーファーとトゥイーターの写真

「ハイダンピング設計」によるハイレスポンス・ハイスピード低音再生

車載スピーカーはクルマのドアに取り付けた状態で再生すると、通常は低音がブースト気味になり、制動が鈍く音がだぶつきやすくなります。DS-G500はこの低音のだぶつきを避けるため、最低共振周波数(f0)付近の制動領域を大幅に拡大、センターユニットによる周波数特性補正を前提にスピーカー単体での低音域の量感をあえて抑えた「ハイダンピング設計」を採用しました。制動の良い低音域特性を与えたことで、f0以下の周波数帯域でもハイレスポンスの余裕ある低音域再生が可能です。またイコライザーなどによる低音域補正でも、だぶつくことのない深みと迫力のある量感と、スピードに富んだキレのいい低音域再生を実現します。

ハイレスポンス・ハイスピード低音再生の説明図

2種類の「DIATONE」バッジ

あなたのカーオーディオライフをよりアクティブに演出するアイテムとして、2種類の「DIATONE」バッジを同梱しました。スピーカー付近への装着によって、車室内でのDIATONEの存在感をアピールします。

DIATONEバッジの写真

ここまで本文です。