ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

DS-SA1 NETWORK

部品1個までの徹底的なこだわり

DS-SA1 ネットワークの写真

高音質設計クロスオーバー・ネットワーク

ネットワークの各部品は徹底的な試聴を繰り返して選定されました。コンデンサーには高価な音響用ポリプロピレンタイプを全面採用、さらに銅箔を巻きつけて適度に鳴きを抑えています。
コイルには、直流抵抗値に敏感な低域側はあえて鉄心入りを採用、一方磁気歪みが音に出やすい高域側は空芯タイプと適材適所に使い分けています。特筆すべきはガラスエポキシ基板の裏側の配線に通常用いられるプリントパターンを排除し、敢えて手間のかかる手配線で極太ワイヤーを結線するDWC(Direct Wire with Copper)方式を採用、音の線が太くなりネットワークでの情報劣化を極少に抑えることに成功しました。

コイルの写真、極太結線DWC方式の写真

厚さが0.1mm以下のプリントパターンを使用すると、どんなに太い高級スピーカーケーブルを用いても、ネットワーク部分がボトルネックとなって、その真価を発揮できません。ネットワーク内も太いワイヤーで電流のとおりをスムーズにすることで、音の情報量が多くなり、よりナチュラルでスケール感の大きな音場再生を実現します。ネットワーク・ケース材料にはグラスファイバーを混入したABS樹脂を採用、良好な制振効果により振動の影響が音に現れるコンデンサーへの外乱振動の伝播を大幅に低減しています。また1.5dBステップの2段階アッテネーターを装備、車室特性に合わせて高音域のバランスを調整できます。アッテネーター用の抵抗も試聴により金属プレート抵抗を採用しました。このように隅々にまでいたる音質向上への徹底的なこだわりが設計思想に反映されています。

ここまで本文です。