ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

DS-SA1 WOOFER

俊敏な反応とスケール感の両立

DS-SA1 ウーファー前面の写真
DS-SA1 ウーファー側面の写真

アラミッドスキン・アルミハニカムコーン

ハニカムコーン内部構造図

ウーファーにもダイヤトーンが振動板に求める「高剛性」「軽量」「適度な内部損失」を両立させる設計思想が生きています。振動板にはアラミッドスキン・カーブドハニカムコーンを採用。ハニカム材には、軽くて強いアルミ材を使用し、これをベースに強い引っ張り強度のアラミッド・スキン材を内側と外側に張りこむことで、「高剛性」と「軽量化」の両立を図り高速伝播速度を獲得しました。またカーブド・ハニカム構造とすることで、分割振動を抑え、高域限界をさらに向上しています。
一方でアラミッド・スキン材は「適度な内部損失」も有しており、固有音がきれいに減衰。音の立ち上がり・立ち下がり(減衰)が素早く、不要共振も抑えたピュアでしかも力強い低音を再現します。

DMM(Direct Magnet Mount)構造

ウーファーのフレームには磁気回路と振動系を高剛性アルミダイキャスト・フレームで一体化したダイヤトーンオリジナル技術、DMM(Direct Magnet Mount)構造を採用しました。バスケット構造のマグネットカバーとフレームを一体化し、この中にマグネットを沈めて強固に固定しています。
ボイスコイルで発生する駆動力は振動系を押す反作用として、同一の力でマグネットを含む支持系をも押します。支持系が微量でも動けば、それはそのまま振動系の動きに歪として重畳され、音質を著しく劣化させます。DMM構造による支持系の強化により、振動系を押す駆動力の反作用がリジッドに受け止められ、かつ不要共振を抑えることで、低域の解像度とスピード感、さらに地に足の着いたスケール感も格段に向上しました。さらに、亜鉛製スタビライザーを装着すると、エッジ周辺の不要共振が一段と低減され、低域から中域にかけてのS/N感と音場感が改善されます。

強力ネオジウムマグネット低歪磁気回路

DS-SA1にはダイヤトーンの独自技術であるADMC(Advanced Magnet Circuit)磁気回路をウーファーとトゥイーターの双方に採用、従来比で約1/10に磁気高調波歪を低減しています。
磁気回路とは、空気に音波を伝える振動系を動かす駆動力の源であり、自動車に例えればエンジンに相当する所です。振動系を動かす駆動力は、ボイスコイルに流れる電流と、磁気回路により発生する磁束密度に比例します。従って磁束密度が変化すると磁気歪となって現れ、駆動力、そして最終的には音波の変化となって聞こえてしまいます。ボイスコイルは音楽信号の強弱に合わせて磁気回路中を前後に移動します。このときボイスコイルが磁気回路中のどの位置にあっても均一な磁界を与えなければなりません。

反発磁気回路構造図

この位置の違いによる磁束密度の変化は「直流磁界歪」として現れます。一方でボイスコイルに流れる電流により発生する磁場も歪の発生原因であり、「交流磁気歪」となって現れます。この「直流磁気歪」と「交流磁気歪」の双方の低減に対応したのがADMC磁気回路です。厳密な磁界シミュレーション解析により、磁路の材料と形状の最適化を行い、劇的な磁気歪低減に成功しました。特にウーファーは、スーパーウーファー無しでも十分な量感と伸びの有る低域の獲得を目指し、F0を55Hzと車載用としては極めて低い値に設定した結果、±12mmに及ぶ大振幅への対応が要求されました。このため、ポールピースの下側に加えて、上側にも強力な磁気エネルギーを持つネオジウム・マグネットを配置した反発磁界構造を採用した上で磁気回路形状の最適化を図り、大振幅での直流磁気歪を低減しました。さらに交流磁界解析によりボイスコイルに電流が流れることで新たに発生する交流磁界を磁極付近でキャンセリングし、直流磁界に変動を与えない構造にしました。加えて、ネオジウム・マグネットそのものについても、強力な磁場を引き出すと共に、磁界特性の最もリニアリティーの高い領域を使用すべく最適化を図りました。磁気歪の低減とパワーリニアリティー向上の効果は絶大で、ダイナミックで地に足がついた上、高分解能でしかも伸びのある低域再生を実現しました。

ここまで本文です。