ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

SW-G50 マテリアル

理想の振動板素材「NCV」

サブウーファーの振動板は空気バネの影響で歪が生じやすいため、高剛性化が必要です。しかし小容量ボックスの空気バネは強大で、リニアリティのキープが困難でした。また高剛性化することで振動系が重くなり、入力信号に対して正確な制御が難しいため、解像力を得られない原因となっていました。SW-G50はDIATONEが開発した高剛性と軽量化を両立する理想の振動板「NCV」を採用。ボイスコイルの動きを正確に空気に伝え、量感と解像度を伴う質の高い低音再生を実現しました。NCVは高い伝搬速度を持ちながら適度な内部損失によって固有音を抑制するという、2つの要素を高い次元で両立する革新的な振動板素材です。軽量な樹脂素材でありながら、チタンに匹敵する5,000m/秒以上という高い伝搬速度と、紙と同等の適度な内部損失を併せ持ち、さらに射出成形によりサイズや形状の自由度が高いという特徴を持っています。SW-G50の振動板は25cm径のサブウーファーでありながら、ボイスコイルを含めてもわずか78gと軽量で、ハイスピードかつハイレスポンスの低音を再生します。

アルミ製ボイスコイルボビン

ボイスコイルを保持するボビン素材には、軽量・高剛性のアルミを使用。磁気回路で発生した運動をストレートに振動板に伝えます。またアルミは放熱性が高く、ボイスコイルの発熱を抑えることで耐入力が向上。さらに、ボイスコイルボビン自体が電磁制動力を持ち、マグネサーボ・テクノロジーを強力にサポートしています。

ここまで本文です。