ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

SW-G50 セッティング

あらゆるスピーカーとマッチング

サブウーファー〈SW-G50〉は、あらゆるスピーカーとマッチングして良質な音楽再生を実現できます。
SW-G50は入力信号に対して正確に反応し、立ち上がりと立ち下がりの速い高速応答性を持っています。そのためイコライザーによるわずかな補正でもリニアに反応。超低域の音色を自在に制御することで、どのスピーカーシステムと組み合わせても良好にマッチします。音階やリズムがはっきりしない、低音が遅いといった従来のサブウーファーにありがちな不満を一掃します。

10リットルエンクロージャーで20Hz再生を実現

密閉型のエンクロージャーでは容積が小さくなればそれだけ空気バネが硬くなり量感を出しづらくします。さらに、振動板を歪ませる原因にもなり、正確な空気振動を妨げてしまいます。そのため高品位再生を謳う25cm口径サブウーファーの多くは、空気容量を20リットル以上に推奨されています。しかしSW-G50では、マグネサーボ・テクノロジーによる優れた電磁制動と軽量で高剛性なNCV振動板により、空気バネによる影響を大幅に低減。空気バネの影響が非常に大きい、従来の常識を覆す空気容量10リットル密閉型エンクロージャーからフリーエアー方式までの幅広いエンクロージャー環境で、可聴帯域限界である20Hzまでの正確な再生を実現しました。

サブウーファー〈SW-G50〉によって覚醒する、2Wayスピーカーシステム〈DS-G50〉。

トゥイーターとウーファーの振動板を、チタンに匹敵する伝搬速度と紙同等の内部損失を持つ「NCV」で統一したDS-G50は、2Wayスピーカーシステムでありながらフルレンジスピーカーのように全再生周波数帯域で質が高く一体感のあるサウンドを再生します。このDS-G50のナチュラルな音質が、サブウーファー〈SW-G50〉を加えることで、さらなる次元の高みへと進化します。すべてのユニットの振動板が「NCV」で統一され、3Way構成でありながら20Hzから80kHzに渡り音色やスピード感が整った、未体験の超広帯域フルレンジサウンドを実現。またDS-G50の低音再生をローカットフィルターで抑制することで、ウーファー帯域の歪が低減し、中高音の質感が飛躍的に向上。まさにDS-G50が持つ最高のパフォーマンスを引き出し、これまでのカーオーディオでは得難かった超広帯域での一体感ある高品位再生を心ゆくまで楽しめます。

ここまで本文です。