ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

DIATONE SOUND. NAVI NR-MZ200 新機能 簡単プリセット数値データ公開

簡単プリセットとは

いい音で音楽を楽しみたいけれど、音質調整なんてできないというお客様のニーズに応え、
DIATONE SOUND. NAVI NR-MZ200では、「簡単プリセット」機能を搭載しています。
これまでDIATONE が多くの車種で試聴・調整を繰り返して蓄積した膨大なセッティングデータをベースに設定したセッティングメニューで、車種やサイズ、搭載スピーカーを選択するだけで、そのクルマにフィットした音を楽しむことができます。
選択可能な項目は、車幅6種類、搭載スピーカーパターンが6種類で、計36種類のセッティングデータが搭載されています。

※標準スピーカー搭載で、サブウーファーや外部アンプが取り付けられていない車に限ります。

音質調整の際の注意点

ナビ側で簡単プリセットを設定すると、右ハンドル用の「2chソース(CD、地デジ、USB等)再生時用数値データ」「5.1chソース( 5.1ch再生DVD )再生時用数値データ」が自動的に入力されます。但し、左ハンドル用の「2chソース(CD、地デジ、USB等)再生時用数値データ」 、左ハンドル用の「5.1chソース( 5.1ch再生DVD )再生時用数値データ」は入力されません。

左ハンドル用の「2chソース(CD、地デジ、USB等)再生時用数値データ」 、左ハンドル用の「5.1chソース( 5.1ch再生DVD )再生時用数値データ」は、本サイトで公開しておりますので、微調整を行う場合は掲載しているデータを手入力していただき、その後、微調整を行ってください。

  • 簡単プリセットのデータは、あくまで音質調整予測データですので、各々の車両にベストな音質調整データではございません。詳細な設定が必要な場合は本サイトに掲載している「オススメ音質調整店」にて音質調整を施してください。
    *別途、チューニングの金額については、店舗にご相談願います。
  • 簡単プリセットを実施した際、イコライザーの設定は変更されません。
  • 簡単プリセットを設定した場合、初期設定は下記の通りとなります。
    • 1) リアスピーカーありの場合 パッシブ2Way:あり、サブウーファー:なし、アンプ Front:内蔵アンプ、アンプ Rear:内蔵アンプ、ハンドル位置:ライト
    • 2) リアスピーカーなしの場合 パッシブ2Way:あり、サブウーファー:なし、アンプ Front:内蔵アンプ、アンプ Rear:なし、ハンドル位置:ライト
  • 簡単プリセットのデータは標準スピーカーを基準としておりますので、市販スピーカー装着時は簡単プリセットのデータの使用はお控え願います。
  • 簡単プリセットのデータを設定した場合は、サブウーファー、外部アンプは使用できません。ただし、本サイトでのデータを活用した場合、サブウーファー・外部アンプは使用することもできますが、製品のスペックがわかりかねますので、音質調整データについては、大幅な修正が必要になる場合もございます。ご了承願います。
  • NR-MZ200PREMIはプレミアム認証を行うと本機能は使用できなくなります。
  • 初期設定画面のパッシブ2Way 表示は必ず「あり」となります。 これは、プリセットを使ったときダイヤトーン独自のノウハウを用いてあたかもトゥイーターが存在するかのような音場効果(仮想トゥイーター)が 実現されるためであり、正常な表示です。

音質調整データを設定済みのお客様は設定済みの数値をメモしたうえで数値設定を行ってください。
初期化した場合は、元の音質調整データは消去されます。

上記の内容をご理解し、ご同意いただいたうえで、
簡単プリセットの数値公開ページをご利用ください。

ページトップに戻る