ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

プロフェッショナル・コンテンツ DIATONEの70年に及ぶ音響技術をここに結集。カーナビが手に入れた、異次元の高音質。

DIATONE SOUND. NAVI 開発者が語るクルマの中で味わう本物の音楽。国産初のモニタースピーカーとして活躍したDIATONE。誕生以来その名前は常に「いい音」の証であり、現在もハイエンドカーオーディオの分野を中心に、多くの人がDIATONEの「いい音」を楽しんでいる。そしてこれまで音質をあまり重視されてこなかったカーナビ市場に、そのブランド名を冠する、DIATONE SOUND.NAVIが投入された。DIATONEの製品開発のリーダー 三菱電機 三田製作所カーマルチメディア技術第二部 主管技師長 寺本浩平

※役職などはインタビュー当時(2012年6月)のものです。

<寺本浩平 プロフィール>

1954年生まれ
1979年早稲田大学大学院修了、三菱電機入社。
オーディオシステム部にてオーディオアンプの開発に従事し、映像情報統括部などを経て、現職はカーマルチメディア技術第2部主管技師長。

オーディオシステム部ではデジタルアンプシステムDA-A9500、DA-P9500(※1)、AVコントロールセンターDA-P7000などを開発。2005年にハイエンドスピーカーDS-MA1でDIATONEを復活させた。2006年にハイエンドスピーカー、DS-SA3をカーオーディオ市場に投入。その後DS-SA1、DA-PX1、DS-G50、SW-G50を次々と市場投入し、そのすべてがカーオーディオの権威ある賞(※2)を受賞している。

※1 コンポグランプリ「特別開発賞」など各賞を受賞

※2 オートサウンドグランプリ

DS-SA1は部門賞、DA-PX1、DS-G50とSW-G50はゴールデンアワードを受賞

第1章 開発背景

車内でいい音を手軽に楽しんでもらうためカーナビにDIATONEのすべてを投入。

音楽には「癒し」や「感動」といった力があります。いつの時代もその魅力は変わらず、人々の生活を潤し、豊かにするものだと考えています。ただし音楽の持つ魅力やエネルギーは同じでも、音楽の聴き方は時代によって変化してきました。1970?80年代はホームオーディオが主流で、リビングやオーディオルームで聴くことが多かった。現在は住宅環境や生活スタイルの変化で、好きな音楽をいつでもどこでも聴くということが目的となり、スマートフォンを含むポータブルオーディオをヘッドフォンで聴くスタイルが圧倒的です。スピーカーで音を楽しむというスタイルを保てるのは今やカーオーディオだけであり、車内はスピーカーにとって最後の聖域であるといえます。であるならば、オーディオ文化の担い手として、クルマの中でいい音が楽しめ、音楽の感動を伝えられる製品開発が責務であると考えています。

DIATONEはこれまでハイエンドカーオーディオのメインユニットやスピーカーを投入し、多くのユーザーからその音作りを評価されてきました。しかし一方では車内での音楽の聴き方そのものが、カーオーディオではなくカーナビに取って代わってしまっているのが現実です。にも関わらず、カーナビはナビの機能に力は入れているが「音」に力を注いでいるものは非常に少ないのが現状です。三菱電機は、カーナビにDIATONEの設計思想を取り入れて圧倒的な音楽再生能力を持たせることで、ユーザーにこれまでにない「いい音」をカーナビで楽しむという新しい価値観を提案したいと考えました。

DIATONEが目指したクルマの中で味わう本物の音楽。

いい音を出す、いい音楽を聴くということに関しては、ホームであってもクルマの中であってもまったく同じです。もちろん再生のための条件は違いますので、それを踏まえた上で最適化を求める必要はありますが、目指す音自体はまったく同じなのです。もともとDIATONEはモニタースピーカーが原点であり、それはソースに込められた情報をありのままで出す、という考え方を貫いてきました。DIATONE SOUND.NAVIもその考え方は同じで、音に色づけをすることなく、また情報も極力劣化させない、「何も足さない、何も引かない」という設計思想を受け継いでいます。ミュージシャンやレコーディングエンジニアが音楽に込めた想いやエネルギーをも余すことなく伝えきる。これによって、音楽がただの音ではなく、聴く人に感動や癒しを感じさせるのです。そのための要素としては、情報量が多い、細かい音がよく聴こえる、歪みや濁りがない、空間の大きさ、音の消え際がわかる、奥行き感や広がり、高さを感じる、楽器が一つ一つリアルに伝わる、低音と高音のリズムが揃うといったことがあります。細かな音やリズムのちょっとした変化が聴き取れると、音楽に引きずり込まれて聴き入ってしまいます。DIATONE SOUND.NAVIはそれを実現できるカーナビを目指しました。私の中には「音を追求する高級カーオーディオではなくカーナビだから」というブレーキを踏む考えは一切なく、ハイエンドオーディオとまったく変わらない思いで開発しています。

ページトップに戻る