ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

プロフェッショナル・コンテンツ DIATONEの70年に及ぶ音響技術をここに結集。カーナビが手に入れた、異次元の高音質。

カーナビインプレッション 車載用DIATONEスピーカーDS-SA1000 カーオーディオでは最強のスピーカーといっても過言ではない カーオーディオジャーナリスト 石田 功氏

ダイヤトーンの名がカーオーディオに復活したのは、DS-SA3が登場した10年前。その後、トゥイーターの振動板素材にダイヤトーン独自のB4Cピュアボロンを採用したフラッグシップ・スピーカー、DS-SA1が登場し、一気にハイエンド・カーオーディオを代表するブランドの一つに上り詰めた。

そのDS-SA1も2年ほど前に生産が終了。そのあとを継ぐフラッグシップ・スピーカーの登場が待たれていたのだが、ダイヤトーンはしっかりと開発を進めていた。そして、ダイヤトーン・ブランド誕生から70周年、車載用ダイヤトーン復活から10年というタイミングでついに登場したのが、DS-SA1000である。

車載用DIATONEスピーカーDS-SA1000

新開発の素材が、理想に近いトゥイーターに仕上げた

トゥイーターが、DS-SA1と同じ振動板素材のB4Cボロン、ウーファーはDS-G500などと同じカーボンナノチューブ混入のNCVなのだが、いずれも全くの新開発。まずトゥイーターだが、DS-SA1がドーム型だったのに対して、DS-SA1000の振動板形状はDS-G500などと同じドーム&コーン型とした。しかし、一般的なドーム型でも成形が難しいボロンをこれまでのプラズマ溶射法で製造するのは難しく、このドーム&コーン型振動板を作るために、新常圧焼結セラミックス製法※1を新開発。その新製法と高度なシミュレーションによる形状の最適化※2によって、実測値で12,700m/秒という、ほとんど理論値※3に近い伝搬速度を実現したという。

ちなみに従来のプラズマ溶射法では12,000m/秒以下。現在、理論値で10,000m/秒を超える伝搬速度を持つ素材はダイヤモンド(17,000m/秒)とベリリウム(11,500m/秒)、そしてB4Cボロンの3つしかなく、実測値となるとダイヤモンドもベリリウムも、この数値よりは低くなる。つまりDS-SA1000のトゥイーターは、世界最速に近い伝搬速度を持つと言っても過言ではないのだ。そのため、DS-SA1000のトゥイーターの振動板は、新たにB4Cプレミアムボロンと名付けている。

振動板素材B4Cプレミアムボロン

DIATONEだけが手に入れた、B4Cピュアボロンを超える振動板素材B4Cプレミアムボロン。圧倒的な情報量、かつてない高S/N感が生み出す、リアルな音楽と空間を再現。

しかも、B4Cボロンは紙に近い適度な内部損失を持つから、金属のような固有の音がしない。だから原音に近い音の再生が可能。ほかの金属を素材としたトゥイーターよりも自然な音で、しかも伝搬速度は最速レベル。理想に近いトゥイーターに仕上がっている。

ドーム&コーン型としたのは、トゥイーターでの再生レンジを拡大するためだ。トゥイーター全体の外形寸法は、DS-SA1の78mmに対してDS-SA1000が71mmとコンパクト化しているのだが、振動板口径はDS-SA1の30mmに対してDS-SA1000は36mmと拡大している。このおかげで、トゥイーターの低域側をピストンモーション領域で再生できるようになるとともに、エネルギー密度の高い再生音を実現している。

磁気回路も一新。DS-SA1のトゥイーターは奥行きが70mmを超え、取り付けが難しい面があったのだが、DS-SA1000のトゥイーターの奥行きは34.2mmと縮まり、クルマへの装着性が向上。また、プレートの内周から外周にかけて大胆にカットしてプレート中を流れる渦電流の値を、右回りと左回りとで同一化することで、渦電流が交流歪に与える影響を効果的にキャンセリングできた。このECCT(渦電流キャンセリング技術)低歪磁気回路を採用した結果、歪みが低減し、大幅な音質改善に繋がったのだ。

  • ※1成型品を加圧することなく、高温で焼き固める製法。美濃窯業株式会社と国立研究開発法人 産業技術総合研究所の共同開発
  • ※2三菱電機先端技術総合研究所の開発技術
  • ※3B4C 伝搬速度理論値 13,400m/秒

ページトップに戻る