ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

プロフェッショナル・コンテンツ DIATONEの70年に及ぶ音響技術をここに結集。カーナビが手に入れた、異次元の高音質。

カーナビインプレッション DS-G500 「新構造振動板がスピーカーに革命を起こした」 カーオーディオジャーナリスト 石田 功氏

ハイレゾ
※当社は日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠した製品に上記ロゴを冠して推奨しています。ロゴは登録商標です。

DS-G50の音とは別物で、強烈にスケールアップしている。

21世紀の新素材、カーボンナノチューブによるNCV振動板を採用したダイヤトーンのセパレート2ウェイスピーカー、DS-G50が2011年に登場してから早4年。その間、NCV振動板採用のスピーカーは、サブウーファーのSW-G50が追加され、昨年はよりリーズナブルな価格のDS-G20が発売されるなど、ラインアップを拡充した。

このDS-G20の登場で少々、存在感が薄れた感のあったDS-G50だが、着々と生まれ変わる準備を進めていた。そして満を持して登場したのがDS-G500である。品番の数字が50から500へと一気に一桁増えたことからも、自信のほどが伺える。

まったく新しい振動板構造

左がDS-G50、右がDS-G500の振動板背面

左がDS-G50、右がDS-G500の振動板背面

そんなDS-G500の変更点だが、ウーファーもトゥイーターも、振動板がまったく新しくなった。

まずウーファー。素材そのものはDS-G50と同じNCVだが、振動板の背面に5本のリブを設けたソリッドライン構造とした。これは、剛性を高めて振動板の変形量を減らすことで、ボイスコイルの動きをより効率よく正確に、空気振動に変えることを狙ったものだ。そのおかげでもともとの持ち味だったレスポンスの良さは、さらにアップ。またウーファーの口径が一回り大きくなったようなエネルギー感も得られるという。

実は、このリブが5本に決まるまでには様々なカット&トライがあった。5本、6本、7本、8本…と様々な本数を試してまずはシミュレーション。特性が良さそうな振動板を実際に数パターン作って試聴した結果、聴感上でもっとも良かった5本のリブのソリッドライン構造に決まったのだという。

トゥイーターは従来と同じドーム&コーン型振動板を採用し、一見、何も変わっていないように見える。が、振動板とボイスコイルが接する部分の振動板形状が変わった。DS-G50のトゥイーターの振動板は、一筆で書ける形状だったのだが、DS-G500の振動板はY字型。Yを「V」と「I」に分けてみると、Vの部分が振動板、Iの部分がボイスコイルとの接合部というわけだ。

このYコンタクト構造に変えたおかげで、振動板の変形量は無いに等しいほど極小になった。そのため、高域に追従性は大幅に向上。よりナチュラルで正確、かつハイスピードで空間表現に優れたサウンドを再生できるようになったという。

高域はよりスムースになり、低い音階まで音に力がある

実際に音を聴いてみると、これまで述べてきたことに、大きく頷いていただけると思う。まず感じたのは高域のスムースさ。実は、これまでのDS-G50のトゥイーターは、試聴室のようにスピーカーと正対する形で、トゥイーターを耳の高さに合わせて聴くと、多少、高域がピーキーに感じる部分があった。リスニングポジションをトゥイーターの高さよりもちょっと高い位置にして、耳の高さをトゥイーターの音軸から少し外すと丁度いいくらいのイメージである。

ところが、DS-G500はトゥイーターを耳の高さに合わせて試聴しても、DS-G50で感じていた高域のピーキーさがまったくない。もともと、トゥイーターとウーファーの振動板に同じ素材を使用することで、まるで再生レンジが広いフルレンジスピーカーのような音色の統一感はあったが、聴感上の特性がさらにスムースになったことで、低域から高域までよりナチュラルで一体感のあるサウンドを聴かせてくれる。

しかも、ウーファーの剛性アップに伴い追従性が高まったことで、解像度、レスポンスともに一段と向上。NR-MZ90シリーズにモデルチェンジしたDIATONE SOUND.NAVIが格段に解像度アップした上にDS-G500も解像度が高まったのだから、この組み合わせは強烈で、これまでカーオーディオでは聴けなかった、見晴らしのいい世界が見えてくる。

エネルギー感が向上して、よりダイナミックに、という点も確認できた。DS-G500もそうだが、DS-G50は車載状態で特性がフラットになるハイダンピング設計で、試聴室のような広い空間で聴くと低域がやや弱く感じるため、試聴室ではイコライザーで低域を持ち上げる補正をしていた。

ところが、DS-G500の場合、もちろん周波数特性的には低域がなだらかに落ちているのだが、試聴室で聴いても低域を持ち上げる補正が不要なほど、低い音階まで解像度があり音に力がある。そこで、DS-G50同様の低域補正を与えると、引き締まった筋肉質な低域のままでエネルギー感がモリモリと湧いてくるものだから、音に躍動感が加わる。だから、音楽を聴いていて楽しい。

中域の密度感が増したのも大きな変化だ。一般的に、2ウェイスピーカーだと中域の情報量が物足りなく感じるため、ミッドレンジを足して3ウェイ化を図り、中域の情報量を増すわけだが、DS-G500なら、わざわざミッドレンジを加えて3ウェイ化を図るまでも無いなと思えるくらいの中域の密度感だ。総合的には、DS-G50とはまったくの別物。型番の数字が一桁増えたが、音は二桁も三桁もスケールアップした印象だ。

さらに、嬉しいのがトゥイーター、ウーファーを、それぞれ単体で購入できること。これなら、DS-G50をお持ちの人が、まず手始めにトゥイーターだけをG500のものに替えてみるとか、ウーファーだけを替えてみるということができるし、DS-G20をお持ちの人がトゥイーター、ウーファーを徐々にDS-G500にグレードアップするということもできる。もしかしたら、純正スピーカーにDS-G500のトゥイーターを加えてみるだけでも、音質向上の効果が期待できるかもしれない。そんなユーザーにとって嬉しい商品ラインナップとしてくれたのも、DS-G500の良さだ。

ページトップに戻る