ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

DIATONEオススメ CD&Playlist

アーティスト・チョイス Playlist 南佳孝さんおすすめ

1. Riverboat Dreams/Stanley Smith
57才でデビューした、Stanley Smithの初ソロアルバムのオープニング曲。ジャズやブルースを基調としたStanley Smithらしい曲だが、特にミュート・トランペットの響きが秀逸。
2. Forever Night Shade Mary/Latin Playboys
ミッチェル・フルーム、チャド・ブレイクというプロデューサー・チームとデヴィッド・ヒダルゴ、ルーイ・ペレスのロス・ロボス組みが組んだ別プロジェクト。94年にリリースした1stアルバムからの1曲
3. I'll Look Around/Madeleine Peyroux
21世紀のビリー・ホリデイ、ジャジーなノラ・ジョーンズなど様々な賛辞を寄せられているヴォーカリスト、Madeleine Peyrouxの2ndアルバムに収録。ビリー・ホリデイのカバーチューンで彼女のキャリアの中でも評価の高い1曲。
4. Rrelude in E Millor(Night Lights)/Gerry Molligan
ジャズシーンでは数少ないバリトン・サックス奏者でピアニストでもあるGerry Mollinganの代表作『Night Lights』収録曲。ショパンのピアノ曲をアレンジしムーディーに仕上げている。
5. 兵士の物語 ストラビンスキーPiano/Christopher O'Rilley
ストラビンスキーが舞台用に作曲した「兵士の物語」をレディオヘッドの作品をピアノ1本で再現した事で有名なピアニスト、Christophe O'Rilleyが演奏。
6. Everytime We Say Good-bye/Simply Red
全世界で累計5000万枚のセールスを誇る、UKブルー・アイド・ソウル・バンドの最高峰、Simply Redの1987年にリリースされたナイスカバーチューン。
7. It's Not Time Now/The Lovin' Spoonful
ハーモニカ奏者のジョン・セバスチャンとギタリストのザル・ヤノフスキーの2人を中心に結成され、1965年にデビューしたThe Lovin'n Spoonful。彼らの2ndアルバムに収録されたカントリータッチの楽曲。
8. The Look Of Love/Dusty Springfield
映画「007/カジノロワイヤル」のサウンドトラックでバートバカラックがDusty Springfieldが歌う為に作編曲したセクシーな1曲。
9. 家族の風景/ハナレグミ
元、Super Butter Dogのボーカル永積タカシによるソロユニット。2002年にシングルリリースされた1曲で優しい曲調と枯れた味わいのある声が特徴的な楽曲。
10. Besame Mucho/Joao Gilberto
メキシコ人女性のコンスエロ・ベラスケスが作詞・作曲したラテンの名曲をボサノバの神様、Joao Gilbertoがカバー。素晴しいアレンジでjoaoの歌声とマッチしている。