ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

DIATONEオススメ CD&Playlist

アーティスト・チョイス Playlist 綾戸智恵さんおすすめ

綾戸智恵

幼少時から両親の影響でジャズとハリウッド映画に囲まれて育つ。 3歳でクラシック・ピアノを始め、教会ではゴスぺルを歌い、中学に入るとホテルのラウンジでピアノを弾くようになる。17才で単身渡米。1991年に帰国後は様々な職業をしながら大阪のジャズ・クラブで歌い始める。1998年に『For All We Know』を発売し、ジャズ・ファンだけでなく、多くの音楽ファンに衝撃を与えた。それは身長147センチ、体重40キロにも満たない当時40才の大阪出身の主婦・綾戸智恵の鮮烈なデビューであった。 これまでに売り上げたCDは100万枚以上。軽妙なトークを交えながら、ジャズを中心にゴスペル、ソウル、ロック、ポップス、J-POPなど幅広くとり入れた個性的なステージは、多くのファンを魅了している。2017年はデビュー20周年と還暦60歳をむかえ、今まで以上にパワフルな活動を予定している。

1.サザン・ナイツ/グレン・キャンベル
歌を聴いて絶対男前やと思ててテレビで見てびっくりした。
音楽のチカラ! 私もがんばろう。
2.ホンキー・トンク・ウーマン/アイク&ティナ・ターナー
このティナがホンキートンクウーマンやと言うなら、一生「I'm」とは歌えないと思った。
3.マスカレード/レオン・ラッセル
ジョージ・ベンソンで聞いてすごいと思ったけど、本家のレオン・ラッセルで聴いて「すごい」だけでなくそういう歌なんだと思った。
4.Don't It Make My Brown Eyes Blue(瞳のささやき)/クリスタル・ゲイル
鶴太郎さんが「好きな歌です」と、会った時言ってた歌です。
5.青い鳥 Blue Bird/オリジナル・ラヴ
この人の歌はどこから聴いてもこの人の歌。
カバーでさえ持ち歌に聴こえる。実はレオン・ラッセルやけどね!
両方とも好き。別物だから。
6.仁義なき戦いのテーマ
ドキッとするイントロが世界一や。ここを聴かんと文太さんが出てこられへん。
私にはベストの映画音楽です。
7.エイント・ガット・ノー ~アイ・ガット・ライフ/ニーナ・シモン
服も無い、家も無い。でも私には…
勢いのうちに無い無い無いと、そしてある、自由があると。
ニーナ・シモンでは私のベスト。よし、行くぞー。
8.グレイビー・ワルツ/レイ・ブラウン
ザ・アメリカ。グレイビーソースの歌。
レイ・ブラウンはたぶんママの作るこのソースが一番好きやからこの曲書いたんやろうか?アメリカ版トンカツソースの歌。
9.ゴッド・ブレス・アメリカ
なんやかんやゆうても、アメリカに17歳で行ってこの音楽たちに囲まれて、あれから40と3年!ちえまろ。
10.セントジェームズ病院/キャブ・キャロウェイ
まんがのベティちゃんで子供のころ見た最後の葬送曲がこの曲です。
なんか安心できたのはなんでやろ?