ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

DIATONEオススメ CD&Playlist

オススメPlaylist 紅葉の秋を駆け抜ける

PEG / Steely Dan
ウォルターベッカーとドナルド・フェイゲンの2人で構成される、スティーリー・ダン1977年発表の代表曲。洗練されたリズム・セクションに軽快なメロディのイントロ、素晴しいコーラスで当時のロック少年達に驚きを与えた。
Going underground / DA LATA須永辰緒セレクション
ロンドン・クラブシーンの重鎮、パトリック・フォージ率いる、ネオブラジリアン・バンド、ダ・ラタがポール・ウェラー率いるジャムの「Going underground」をナイス・カヴァー。見事なまでに陽気なブラジリアン・サウンドに昇華。
Stuck On You / Meiko須永辰緒セレクション
You Tubeを始めとするWebプロモーションで火が着いた日系、クォーター女性シンガー、ミーコのメジャー・デビューアルバム収録曲。自然でオーガニックな雰囲気のアコースティック・サウンドで等身大の女性の心情を表現。
Mirai Mechanism / VIVIDBLAZE須永辰緒セレクション
中島美嘉の楽曲の作曲、アレンジを手掛けるキーボードの岡野泰也とヴォーカルの手塚視穏からなるユニット。美しいメロディライン、透明感のあるヴォーカルが心地よい、Culture Japan シーズン1オープニングテーマソング。
Bolly Beat / JUKKA ESKOLA ORQUESTA BOSSA須永辰緒セレクション
フィンランドのクラブ・ジャズグループ、ザ・ファイブ・コーナーズ・クインテットのリーダー、ユッカ・エスコラによるボサノヴァプロジェクト。アルバム『Jukka Eskola Orquesta Bossa』収録曲で軽快なリズム隊とエレガントなストリングスが素晴しいジャズ・サンバを構築。
On The Beach / Chris Rea
ヴォーカリスト、メロディ・メイカーとしての魅力溢れる英国産AOR クリス・レアが日本での人気を不動にした1曲。軽やかなラテンリズムに、渋みのあるボーカルが乗る珠玉の名曲。
The Drifter / Roger Nichols&The Small Circle Of Friends
高らかに自由であることの素晴らしさを歌う、ロジャー・ニコルス&ポール・ウィリアムスのゴールデンコンビが放つ超名曲。このソフト・ロック史に名を刻んだ1曲はハーバーズ・ピザール・ヴァージョンも有名。
By Your Side / Sade
ジャズやR&Bをこよなく愛するナイジェリア生まれイギリス育ちシャーデーことヘレン・フォラセイド・アデゥの2000年発表の5thアルバム『Lovers Rock』からの1曲。普遍的な内容のラブソングをせつなく、力強く表現。
Somethin’ Stupid / Robbie Williams & Nicole Kidman
恋人の前で気の利いたことを言いたいのに、いざとなると昔ながらの「アイ・ラヴ・ユー」といった「つまらないこと」を言ってしまう。そんな男の心情を歌ったフランク・シナトラの名曲を元テイク・ザットの ロビー・ウィリアムズと女優のニコール・キッドマンが良カヴァー。
Blackbird / Raul Midón
アルゼンチン人の父とアフリカ系アメリカ人の母を持つ盲目のシンガー・ソングライター、ラウル・ミドンがビートルズの名曲、「Blackbird」をカヴァー。ラウル・ミドンのハートフルなヴォーカルと超絶ギターテクニックが冴えわたる。
You Are / Nightflyte
81年に発表されたアーバンメロウの傑作「Niteflyte2」に収録された1曲。山下達郎をはじめ、日本のミュージシャンにも多大な影響を与えた名曲。SMAPの「がんばりましょう」の元ネタにもなっている。
街物語 / 山下達郎
ドラマ、「新参者」の主題歌として制作された1曲。山下達郎自身が原作を読んで日本橋・人形町界隈を2日間に渡って散策し書き上げたこの曲はどこかノスタルジックな雰囲気が曲全体を覆い、街に行った事がなくても街の雰囲気が感じられる名曲に仕上がっている。
Love Is A Losing Game / Amy Winehouse
2011年7月に27才の若さでこの世を去った歌姫、エイミー・ワインハウスの最後のアルバムとなった『バック・トゥ・ブラック』からの5枚目のシングル曲。「最初から勝ち目なんてなかった、この恋にもう先はない」と、唯一無二の声で歌い上げる。
Je cherche apres Titine / Yves Montand須永辰緒セレクション
映画『モダン・タイムス』の中でチャップリンが歌った事で有名な「ティティーヌを探して」をマリリン・モンローとも浮き名を流した俳優でありシャンソン歌手のイヴ・モンタンが甘めにカヴァー。
On My Way To Harlem / Gregory Porter須永辰緒セレクション
現代のジル・スコット・ヘロンの異名をとるクラブ・ジャズシンガー、グレゴリー・ポーターの大ヒット曲。明るいミディアムテンポの優しさ溢れる曲調が特徴。彼の持ち味であるスケールの大きさの中に繊細さも感じられる1曲。
L-O-V-E (Japanese Ver.) / Nat King Cole須永辰緒セレクション
Nat King Cole の歌声で大ヒットとなった有名な1曲の日本語バージョン。カタコトの日本語で、自身の代表曲を歌い上げている。「LOVE」という分かりやすいタイトルとシンプルで軽快なメロディーが、心にすっと入ってくる。
Misty / 川上つよしと彼のムードメーカーズ須永辰緒セレクション
東京スカパラダイスオーケストラのベーシスト川上つよしによって結成された、川上つよしと彼のムードメイカーズ。アルトン・エリスのバージョンでも有名な「Misty」をロック・ステディに好カヴァー。中納良恵のソウルフルな歌声が絶妙にマッチ。

ページトップに戻る