ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

DIATONEオススメ CD&Playlist

オススメPlaylist 夏のサンセットタイム

Up on The Downside / Ocean Colour Scene
バーミンガム出身の4人組ブリティッシュ・ロックバンドOcean Colour Scene。2001年にリリースされたアルバム『Mechanical Wonder』からの1曲。イントロのギターフレーズが特徴の彼らのセンスが詰まった正統派UKロックチューン。
A DREAM GOES ON FOREVER / TODD RUNDGREN
アメリカ、ペンシルベニア州出身のマルチプレイヤーTodd Rundgrenのメロディーメイカーとしての才能を世界に知らしめた名バラード。
Some Things Don't Matter / BEN WATT
90年代ネオアコースティック・ムーブメントを巻き起こしたエヴリシング・バット・ザ・ガールのギタリストにして、ディープ/テックハウスの名門レーベルBuzzin' Flyを主宰するベン・ワットの1982年にリリースしたアルバム『North Marine Drive』に収録。
Long Hot Summer / The Style Council
The Jamを解散したポール・ウェラーがミック・タルボット(元マートン・パーカス)を誘って結成したグループ、The Style Councilのソウル・ミュージックへのオマージュが感じられるチューン。
All The Things You Are / JOE PASS
卓越した超絶技巧を誇り後進のミュージシャンに多大な影響を与えたジャズ・ギタリスト、Joe Passがジャズのスタンダードナンバーを絶妙にアレンジ。
君をのせて / 沢田研二
ザ・タイガース、PYGを経て発売された沢田研二の実質的なソロ・デビュー作品。メロディラインの綺麗な楽曲でChage&AskaのAskaもカバー。
Give Me Your Love / Curtis Mayfield
Curtis Mayfieldが音楽を担当したブラックムーヴィーの古典『スーパーフライ』 のサントラ盤に収録。切々とした想いを情感をこめて歌う姿は胸をうつものがある。
Something On My Mind / The Pale Fountains
バート・バカラック、ビートルズ、ラブなどの影響を受け80年にリヴァプールで結成された、マイケル・ヘッドをフロントマンとするネオアコバンドの82年のデビュー作。
BRAZIL / SYLVIA SYMS WITH KENNY BURRELL
ウソがないSylvia Symsの歌声とKenny Burrellの絡みまくるギターが合体した最高のジャズ・ボーカル・ソング。ウディ・アレンもアルバムの裏ジャケに讃えるコメントを残している。
タオル / クレイジー・ケン・バンド
レペゼン横浜・横須賀、クレイジー・ケン・バンドの9thアルバム『Soul電波』に収録された真夏の夕暮れに合う様な甘酸っぱく、メロディアスな1曲。
さよなら夏の日 / 山下達郎
1991年に発売された山下達郎通算21作目のシングル。アルバム『ARTISAN』からの先行シングルで、現在「DIATONE SOUND.NAVI」のテレビCMに使用中。
Rude Boy Rock / Lionrock
ビッグビーツ・ムーブメントを牽引したUKブレイクビーツ・ユニット、Lionrockの1998年リリースされたフルアルバムからジャマイカを彷彿とさせるルーディーなスカブレイクビーツ。
A面で恋をして / ナイアガラ・トライアングル
1981年にリリースされた大滝詠一・佐野元春・杉真理によるナイアガラ・トライアングルの通算2作目のシングル曲。
Lovefool (Puck Version) / The Cardigans
キュートなボーカルと60年代風のアコースティックなロックサウンドでスウェディッシュ・ポップのブームを巻き起こしたThe Cardigansの日本でも大ヒットした1曲。
Smoke Gets In Your Eyes / Platters
1990年にロックの殿堂入りしたアメリカのコーラスグループPlattersがジャズのスタンダードナンバーをカバーしてリバイバルさせた楽曲。
Fluorescent Adolescent / ARCTIC MONKEYS
2002年に結成されたイングランド、シェフィールド出身のロックバンド、Arctic Monkeysの2ndアルバム『Favourite Worst Nightmare』に収録されシングル・カットされたストレートなポップチューン。
Lullaby for Helene / Bill Evans
ジャズシーンに多大な影響を与えたピアニスト、Bill Evansが彼の良き理解者でプロデューサーのHeleneについて演奏したメランコリックなメッセージナンバー。
DON'T KNOW WHY / NORAH JONES
Norah Jonesの1stシングル。ジェシー・ハリスが作詞作曲を手がけたこの曲で2003年のグラミー賞において最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞の3部門を受賞している。

ページトップに戻る