ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

DIATONEオススメ CD&Playlist

おすすめの名盤 SOUND EXCELLENCE

世界のミュージック・シーンで現役中、最も高齢なのは、シャルル・アズナブールで92歳。2016年には来日公演も行なった。次いで高齢なのが、90歳になったトニー・ベネットだ。このアルバム・タイトルと同じ題名で2016年12月20日現地時間午後9時というゴールデン・タイムに2時間のスペシャル番組が米NBCで放映された。2016年9月15日のニューヨークでの誕生祝賀ライブが行なわれた時の映像だ。

ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ・カム~トニー・ベネット90歳を祝う

ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ・カム~トニー・ベネット90歳を祝う

トニー・ベネット

『ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ・カム~トニー・ベネット90歳を祝う』

参加したのは、レディー・ガガ、ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダーなどの超大物ばかり。スティーヴィー・ワンダーは「愛の国」の他、「ハッピー・バースデイ」も歌っている。本作には3枚組のデラックス・エディション(初回限定盤)と1枚の通常盤がある。デラックス・エディションには、ライヴの模様に加えて、90年の歴史の中から貴重なアウトテイクやレア音源も含まれている。マニアにはデラックス・エディションをお奨めしたい。

ライブの音質は、ニューヨークの名門ラジオ・シティ・ホールでの感動をストレートに伝えてくれる。今から4~50年前、彼が40代、50代だった頃のスタンダードのコンサートも、こんなゴージャスな音だったのだろうと想像できる。しかし当時のライブ録音技術では、こんな良い記録=CDは残せなかった。ダイヤトーンサウンドナビのような優秀な再生装置で聴くと、月並みな表現だが、ドライバーズ・シートは、ホールの中央、いちばん良く音が聴こえる席に替わる。観客の歓声やクラップの臨場感もヒシヒシと伝わってきて、贅沢な気持ちになれる。心を豊かにしたい、沈みがちな気分を盛り上げたいと思った時には迷わずこのアルバムと一緒にドライブに出かけることをお勧めする。ずっとトニー・ベネットをプロデュースして来た職人名プロデューサー、フィル・ラモーンはトニー・ベネットより早くこの世を旅立ったが、その名匠フィルもこの音質には天国から拍手を送っているだろうなと思った。アメリカン・ショウビズ界の豪華なムードを伝えてくれる、優良ライブ録音CDだ。

ページトップに戻る