ここから本文

CLUB DIATONE
いい音にこだわる、すべての大人たちへ。 CLUB DIATONE

DIATONEオススメ CD&Playlist

おすすめの名盤 TREASURE DISC

大都会の孤独を抱きしめたい。でもセンチメンタルになったり、暗い気分にはなりたくない。あふれるイルミネーションの中、ゆっくりとクルマを走らせていると、この都会の中、たったひとりぼっちのような気分に捕らわれる時がある。

クソカワPARTY/大森靖子

大森靖子

クソカワPARTY

『クソカワPARTY/大森靖子』

 そんな時に大森靖子の新作『クソカワPARTY』は、じっくりとでも優しくでもなく、エキセントリックに近い感覚で孤独の湿気を追い払ってくれる。受け身ではなく、攻撃的にマイナスな気持ちをプラスに変換してくれるようなパワーがある。無名のインディー時代をあっという間に駆け抜けて、メジャーでブレイクした彼女は、若い世代にとっては、“セイコ”の名を松田聖子に替わって愛称とする女性になった。メジャーになっての音楽的変化は、弾き語りアルバムからDTMサウンドになったことだ。前作『MUTEKI』では、曲の大部分を弾き語り、一発録音スタイルに戻した。今作は、ロックやポップスに近いサウンドに変化させ、弾き語り楽曲も織り混ぜている。ロックと言っても彼女のルーツは、洋楽ロックでなく、J-POPの銀杏BOYZやつんく♂がルーツだ。だから、つんく♂のポップ・フィーリングや銀杏BOYZのジャパニーズ・オルタナティヴ・サウンド的な曲が多い。バックにもドラムスのピエール中野,ギターの滝善充,ベースにNobなど錚々たるミュージシャンが起用されている。
 音楽を聴き続け、昨年初めてインタビューをして、若い世代にはある意味、厳し過ぎるこの時代を生きる女の子の本音が、彼女の中心を占めていることを再確認した。その鋭い言葉は時にネットで炎上したりもする。今回のアルバムで特徴的なのは、ここまで言ったらやり過ぎだという、普段、人が発語しないような言葉=詞をよりアップデートさせたことだ。自己を追い込み、素直に言語化している。それによって、世界はより広がり、ある種の優しささえ感じさせてくれる。
 孤独だがそれに立ち向かうドライブCDだ。聴き終わった頃には気持ちが晴れて、何かに満たされたような感覚が待っている。

ページトップに戻る