CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

シネマチケットプレゼント

今月のおすすめ映画

(C) 2017「泥棒役者」製作委員会

ダマせる? バレる?泥棒役者

2017年11月18日(土)より、TOHOシネマズ 新宿ほか 全国ロードショー
配給:ショウゲート
公式サイト:http://dorobou-yakusha.jp/新しいウィンドウが開きます

スタッフ&キャスト
監督・脚本
西田征史
出演
丸山隆平市村正親石橋杏奈宮川大輔片桐 仁高畑充希峯村リエユースケ・サンタマリア 他
解説

『小野寺の弟・小野寺の姉』の西田征史監督作品。本作は、2006年に作・演出した舞台「泥棒役者」を、自身が映画用にリライトし監督を務めた完全オリジナル作品。主人公・大貫はじめを演じるのは「関ジャニ∞」の丸山隆平。単独での映画主演は本作が初めてとなる。丸山が演じるのは、かつて泥棒稼業に手を貸したことのある“元・泥棒”役。はじめが盗みに入る豪邸の家主で、新作のアイデアに悩む大御所の絵本作家・前園俊太郎には、市村正親が配された。その他、片桐仁、高畑充希、ユースケ・サンタマリアなど、個性豊かな面々が脇を固める。

ストーリー

かつて泥棒稼業に手を貸した過去がある大貫はじめ(丸山隆平)。今は溶接工員として真面目に働き、恋人の美沙(高畑充希)と幸せな同せい生活を送っていた。ある日、昔の泥棒仲間・畠山(宮川大輔)から、美沙に泥棒だった過去をばらすと脅され、泣く泣く、とある豪邸に盗みに入ることに。だが、忍び込んだ豪邸で、家主の絵本作家・前園俊太郎(市村正親)、訪問してきた編集者・奥(石橋杏奈)、セールスマン・轟(ユースケ・サンタマリア)から、「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と、次々に間違えられてしまう。「泥棒」として捕まりたくない一心で、はじめはその都度、勘違いされた“役”を必死に演じる羽目になる。