CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

長時間の旅やドライブの疲れに効く首・肩こり、腰痛解消エクササイズ

もうすぐGW!旅行や帰省を予定している人も多いことでしょう。
でも移動中、長時間座ったままの姿勢や長距離ドライブは、首・肩こりや腰痛のもと!
今回は駅や空港、サービスエリア・パーキングエリアでもすぐにできるエクササイズを紹介します。

座っている時、特に運転中の姿勢は首や肩・腰に負担がかかります。それは座ることで骨盤が後ろに傾き、同時に肩甲骨が開いてしまうから。すると首が自然と前へ出て、その重みが肩にのしかかってくるのです。そこで、これをすべて逆にしてみようというのが、今回のエクササイズ。骨盤を前に出し、肩甲骨を引き寄せ、顎を引く。3つの動きを一瞬で、全部同時に行えるのがポイントです。

首・肩こり、腰痛解消エクササイズ首・肩こり、腰痛解消エクササイズ

座っているときに負担のかかる部分をピーンと伸ばすだけの、超お手軽エクササイズ。
どこでもすぐにできるので、旅先だけでなく、オフィスや自宅でも習慣づけましょう。

●基本は立ち姿勢で

上半身をリラックスさせ、手を後ろに組みます。

組んだ手を真下に向けてぐっと引っ張り、しばらくキープ。これだけで骨盤が前傾し、肩甲骨が引き寄せられて、顎も正しい位置に納まります。これを6回繰り返しましょう。

※姿勢をキープしたまま歩くと、なお効果的です。

エクササイズのポイントエクササイズのポイント

手はまっすぐ下に引っ張ること!

組んだ手を後方に伸ばしてしまうと体が前傾してしまい、逆効果です。
必ず真下に向けて、上半身が反るようにしてください。

手が少しでも後ろ方向にいくと、自然と体も前傾してしまうので要注意!

手が少しでも後ろ方向にいくと、自然と体も前傾してしまうので要注意!

応用編応用編

座ったまま首・肩こりを解消!

オフィスなどで首・肩こりを感じたときは、同じエクササイズを座ったままやってみましょう。椅子の上で行う場合は、骨盤ではなく背中が刺激され、腹筋が鍛えられます。

上半身の力を抜いて椅子に深く腰掛け、背もたれの後ろで手を組みます。

組んだ手を真下に向けてぐっと引っ張り、キープ。これを6回繰り返します。

読み切りコラム一覧へ