CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

薄着になる前にキュッと引き締め!くびれをつくるお腹の屈伸運動薄着になる前にキュッと引き締め!くびれをつくるお腹の屈伸運動

夏といえば気になるのが、薄着で際立つボディライン。
夏のファッションを楽しむためにもボディケアは欠かせません。
今回、集中ケアするのは、多くの人を悩ませるお腹まわり。
おうちでできる簡単エクササイズで、夏にふさわしいくびれをつくります。

くびれをつくるには、まずお腹を鍛えるところから。
腹筋トレーニングには、「前に曲げる」「横に倒す」「ねじる」の3つの動きがあり、どれもが欠かせません。
動きの少ない部分には、容赦なく脂肪が付いてしまうからです。
そこで今回は、1セットで3つの動作をまかなえるワザありストレッチをご紹介。
立ち姿勢で行うことで、下半身も一緒に鍛えられます。

くびれメイクエクササイズくびれメイクエクササイズ

立ち姿勢で腹筋に挑戦!

人は立っているとき、自然とお腹に力が入っています。でもそこから横に倒したりねじったりという動きは日常生活では少ないもの。
このエクササイズでは、ふだん使わない部分を刺激することで、お腹の柔軟性と脂肪燃焼を促します。

膝に手をつき、リラックスした姿勢をとります。立ち仕事をした後に「あ~疲れた」と休むときのイメージで。

その姿勢のまま、両手を耳の横に持っていきます。肘は横に広げ、胸筋とワキを大きく開くように。

お腹を起点に、上半身だけをゆっくり引き上げます。上体がまっすぐになった状態で3秒キープ。これを10~15回繰り返します。

※回数は目安です。ご自身の体力や身体の状況に合わせて無理せず行なってください。

ワンポイントレッスンワンポイントレッスン

まずは座って正しい姿勢を確認!

フォームが正しくないと、せっかくの運動も効果を発揮できません。
そこで、最初のうちは座った状態で、各部位の位置を確かめながらやってみましょう。

椅子に腰掛け、膝に手をついてリラックスした状態から両手を耳の横へ。このとき、両肩が両膝のまっすぐ上に位置していればOK。ずれていたら、正しい位置に納まるよう調整してください。

そのまま状態をゆっくり引き上げれば、座ったままでも軽い腹筋エクササイズになります。慣れてきたら、立ち姿勢にチャレンジしてみましょう。

エクササイズの注意点エクササイズの注意点

猫背はNG!背中はまっすぐ、目線は前に

上体を引き上げるときについやってしまいがちなのが、頭を下にもたげて猫背になってしまうパターン。これを繰り返すと腰を痛めてしまう恐れがあります。自信のない方は、座った姿勢で練習してから始めましょう。

背中が丸くなっていると、お腹に正しく力が入りません。
顔を上げ、目線を前に持ってくることで、背筋をピンと伸ばしたまま上体を動かせるようになります。

ふだん使わない筋肉を動かすのは大変ですが、毎日繰り返すことで体も慣れてきます。
本格的な夏が来る前に、しっかり体づくりをしておきましょう。

※文章中で紹介している体への効果には個人差があり、掲載内容が効能・効果を保証するものではございません。

読み切りコラム一覧へ