CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

元秘書・編集部員Mが選ぶ!センス光る手土産元秘書・編集部員Mが選ぶ!センス光る手土産

接待や会食の際に手土産を手配するのも、秘書のお仕事のひとつ。
元秘書の編集部員Mが、たくさんの方々に喜んでいただいた品々から厳選して
もらって嬉しい、食べて美味しい手土産をご紹介します。
日ごろの感謝の気持ちと一緒に大切な方へお贈りしてはいかがでしょうか。

鎌倉紅谷の『クルミッ子』 鎌倉紅谷の『クルミッ子』

■クルミッ子 8個入り 1,166円(税込)

キャラメルにクルミをぎっしり詰め込んで、バター生地でサンドした超人気のスイーツです。職人さんが銅の鍋でこね上げたキャラメルは甘さとほろ苦さが絡み合い、口の中に広がっていきます。直営店のほか、オンラインショップでも購入できますが、あっという間に当日分が完売するので、気合を入れてゲットしてください。

■鎌倉紅谷 八幡宮前本店

〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4

電話注文:0120-25-2187

営業時間:【月~金】9:30~17:30
【土・日・祝】9:30~18:00

電話注文・問い合わせ時間:平日10:00~16:00

休業日:年中無休

オフィシャルサイト:http://www.beniya-ajisai.co.jp/ 新しいウィンドウが開きます

元秘書のコメント

最初は、パッケージのリスが可愛くて購入しました。ぎっしり詰まっているクルミがリスの好物だからだそう。会話のきっかけをつくってくれる手土産でもあるんです。

KITAYA 六人衆の『あわゆきもち』 KITAYA 六人衆の『あわゆきもち』

■あわゆきもち 4包(1包み4切れ)入り 2,792円(税込)

もち米と卵白で作った生地は、求肥よりも軽く、とろけるようにふわふわ。アクセントに蜜煮の豆が入っています。『KITAYA 六人衆』は、東京・千住の老舗和菓子店『喜田家』の職人衆がプロデュースした新ブランド。あわゆきもちのほか、あんずぐらっせなど新感覚の和菓子を好みに応じて洗練されたパッケージに詰め合わせてくれます。

■KITAYA 六人衆 青山本店

〒107-0061 東京都港区北青山2-7-18 第一真砂ビル1F

電話:03-3470-6212

営業時間:10:00~19:00

休業日:1月1日

オフィシャルサイト:http://rokuninshu.jp/ 新しいウィンドウが開きます

元秘書のコメント

幸せを形にすると、このお菓子になる!マシュマロとお餅の中間のような食感が、とても心地いいんです。大粒の煮豆が入っていて、意外に食べごたえがあります。

レ・ザンジュの『プティ・フール・サレ』 レ・ザンジュの『プティ・フール・サレ』

■プティ・フール・サレ 2缶セット 3,456円(税込)

日持ちがよく、人数が多くても分けられるクッキーは、手土産の定番ですが、お酒が好きな方には、おつまみにもなる甘くないクッキーを選びましょう。ハーブやトマト、チーズなど香り豊かな4種類の塩味クッキーは、湘南鎌倉の塩とフランス産ゲランド塩をブレンドした上品な塩気と微かな甘みが特徴。ほろりと崩れる脆さも魅力です。

■レ・ザンジュ 鎌倉本店

〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町13-35

電話:0467-23-3636

営業時間:10:00~19:00

休業日:年中無休

オフィシャルサイト:http://www.lesanges.co.jp/ 新しいウィンドウが開きます

元秘書のコメント

大人のティータイムにも、夜のワインやウイスキーにも合う、おしゃれな塩味クッキーです。フランスのアンティーク缶をモチーフにした缶まで人気がありました。

清寿軒の『どら焼き』 清寿軒の『どら焼き』

■どら焼き 大判どら焼き5個・小判どら焼き5個入り ¥2,320(税込)

160年ほど前の文久元年に創業した老舗和菓子店の一番人気が、このどら焼き。長年、日本橋に暮らす人々に親しまれ、近隣に多くあった料亭の手土産としても人気だったそうです。手作業で1枚1枚、高温で焼かれた皮は濃いめの焼き色がついて香ばしく、手で丁寧に練り上げられた粒あんはすっきりと洗練された甘さ。そのバランスが◎です!!

■日本橋和菓子屋 清寿軒

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-16 ピーコス日本橋ビル1F

電話:03-3661-0940

営業時間:【月~金】9:00~17:00 【土】9:00~12:00 (全てどら焼きが売り切れ次第営業終了)

休業日:土曜午後・日曜・祝日

オフィシャルサイト:http://seijuken.com/ 新しいウィンドウが開きます

元秘書のコメント

見た目のインパクトと手に持ったときの重さで満足感が伝わります。そして、頬張ればさらなる納得の満足感! 生地を味わいたいなら大判、粒あん好きなら小判がおすすめです。

台ヶ原金精軒の『大吟醸粕てら』 台ヶ原金精軒の『大吟醸粕てら』

■大吟醸粕てら 1本 1,620円(税込)

伝統製法で作られた清酒の酒粕は、生のどぶろく状態。その酒粕を活用し、日本酒の香りを引き立てるために卵白だけを使って焼き上げています。大吟醸酒特有のフルーティーな香りと、しっとりとしたフワフワ感は、今までにはまったくない美味しさです。暑い季節は冷やしてお召し上がりください。

■台ヶ原金精軒 台ヶ原本店

〒408-0312 山梨県北杜市白州町台ヶ原2211番地

電話:0551-35-2246

営業時間:9時~18時

休業日:木曜日

オフィシャルサイト:http://kinseiken.co.jp/ 新しいウィンドウが開きます

元秘書のコメント

とてもしっとりした繊細な食感は、まるでチーズケーキのようなクリーミーさ。そして、真っ白なルックスと酒粕の芳醇な香り。たくさんのお客様に嬉しい驚きをお届けできました。

2018.08.01

読み切りコラム一覧へ