CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

モニターレポート

ジャー炊飯器篇 (NJ-AW108)

01:尾形さん(神奈川県)早速使ってみました篇

尾形さん(神奈川県)

電気炊飯器は、おいしく炊けないイメージがあり、鍋で炊いていましたが、ちょっと手を抜くとおいしく炊けないことがあります。鍋ではうまく炊けなかった炊き込みごはんもおいしく炊きたいです。

<家族構成>:夫と子供二人、4人暮らし

<今回炊いたお米>:あきたこまち

「あきたこまち」を炊いてみました!

銘柄芳潤炊きで「あきたこまち」を選択して、炊いてみます。
計量カップで、お米の量を正確に計って、お水の量もしっかりチェックするのがポイントです。

今回は、別売品の研米ボウルを使って、お米を研いでいただきました。

尾形さん
こんなにお水やお米の量をきっちり計ったことがありませんでした。ちょっとの差が炊き上がりを左右するんですね。研米ボウルは流しに引っ掛けて使えるので、安定します。

試食タイム

ごはんがつやつやで、ふっくら炊けてます!
尾形さん
事前に自分で炊いた時よりも、さらにもちもちとしていて、甘みを感じますね。今まで、電気炊飯器で炊いたごはんは、おいしくないと思い込んでいたのですが、初めておいしさを実感できました。これが簡単に毎日食べられるなんてうれしい。
ごはんだけでも、どんどん食べられる!
息子さん
もちもちして、おいしいよ!
尾形さん
主人も息子もごはんが、大好きなので、おいしいごはんが食べられて大喜び。

ここもお気に入りです!

炊き込みごはんもおいしいくできる!
尾形さん
鍋ではおいしく炊けなかった炊き込みごはんが、おいしく炊けるようになりました。次男は炊き込みごはんが好きなので、たくさん食べてくれてびっくり。
便利でカンタン!
尾形さん
鍋で炊いていた時に比べて、炊飯後のお手入れや後片付けが楽ですね。予約をすれば、朝には炊けているので、気持ちに余裕ができました。

今後試してみたいこと

時間がない時に試してみたい「うま早」モード
尾形さん
鍋から電気炊飯器に切り替える勇気がなくて、ずっと悩んでいた時にモニターの記事を目にして、応募したんです。電気炊飯器でもおいしく炊けるということを身をもって実感できました。これからは、タイマーを使ったり、忙しい時に、早く炊けるという「うま早」モードなども使ってみたいです。あとは、玄米や麦飯もおいしく炊ける機能があるというので、主人は白米派なのですが、一度試してみようと思います。

モニターレポート一覧へ