CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

和食シリーズ企画第3弾

これからの和食を考える。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。

1回 しょうゆ新提案レシピ春菊と豆腐の洋風
すり流し

すり流しは、魚介類や鶏肉、豆腐などを丁寧にすりつぶし、だし汁でのばした和風のポタージュです。ミキサーや市販の練りごまを使って調理の手間を省き、牛乳でコクをプラス。
汁の色を損ねない淡口しょうゆで味を調えると、
和風はもちろん、洋風のおかずにも合う汁物になりました。

春菊と豆腐の洋風すり流しの材料(4人分)

  • 春菊…1束
  • 木綿豆腐…1/2丁(150g)
  • ごまだし汁

    白練りごま…大さじ1
    だし汁…2カップ

  • 牛乳…1カップ
  • 淡口しょうゆ…大さじ1・1/2
  • 白いりごま…適量

春菊と豆腐の洋風すり流しの作り方

※三菱IHクッキングヒーターを使用した作り方をご紹介しています。

1下ごしらえをする

春菊は葉を摘みとり(正味量100g)、ざく切りにする。豆腐は粗く崩す。

練りごまにだし汁を少しずつ加えながら溶きのばし、ごまだし汁を用意する。

2ごまだし汁で煮る

鍋にごまだし汁と豆腐を入れて【火力4】でひと煮立ちさせ、春菊を加えて2分ほど煮る。

3牛乳を加える

なめらかになるまでミキサーにかけて鍋に戻し、牛乳と淡口しょうゆを加えて【火力4】で沸騰直前まで温める。
器に盛り、白ごまをふる。