CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

和食シリーズ企画第3弾

これからの和食を考える。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。

3回 昆布新提案レシピ切り昆布と野菜の
うま煮

琉球王朝は、薩摩藩が中国に昆布を輸出する際の中継地でした。
そのため沖縄(琉球)料理には、中国料理の影響を受けた昆布料理が少なくありません。
豚肉や野菜と一緒に昆布を炒め煮するクーブイリチーも、そのひとつ。
いつもの肉野菜炒めに切り昆布をプラスして、沖縄風にアレンジしてみました。

切り昆布と野菜のうま煮の材料(4人分)

  • 切り昆布(乾)…15g
  • 豚バラ肉…150g
    • 酒…大さじ1
    • 塩・こしょう…各少々
  • キャベツ…3枚(150g)
  • にんじん…1/3本
  • 玉ねぎ…1/4個
  • えのき茸…1袋(100g)
  • 煮汁
    • 切り昆布のもどし汁…1/2カップ
    • 酒…大さじ1
    • 砂糖…小さじ1
    • オイスターソース…小さじ1
    • しょうゆ…小さじ1
    • こしょう…少々
  • 水溶き片栗粉
    • 片栗粉…大さじ1/2
    • 水…大さじ1
  • サラダ油…大さじ1

切り昆布と野菜のうま煮の作り方

※三菱IHクッキングヒーターを使用した作り方をご紹介しています。

1切り昆布をもどす

切り昆布はさっと水洗いし、水2カップに浸して10分ほどおく。

昆布は水気をかたく絞り、10cm程度にざく切りにする。

もどし汁は1/2カップをとりおく。

2豚肉の下ごしらえをする

豚肉は5cm長さに切り、さらに1.5cm幅に切る。酒と塩、こしょうをふり、もみ込む。

3野菜を切る

キャベツは1cm幅、5cm長さに切る。にんじんはマッチ棒状に切る。

玉ねぎは5mm幅に切る。えのき茸は長さを半分に切り、ほぐす。

4煮汁と水溶き片栗粉を用意する

煮汁の材料を混ぜ合わせる。

水溶き片栗粉の材料を混ぜ合わせる。

5炒める

中華鍋にサラダ油を入れて【予熱モード190℃】で熱し、豚肉を入れて【火力5】にし、炒める。

にんじんと玉ねぎ、えのき茸を加えて油が回る程度に炒め、昆布を加えてほぐしながら炒め合わせる。

キャベツを加え、しんなりするまで炒める。

6煮る

煮汁を加え、ときどき混ぜながら煮汁が少なくなるまで煮る。

鍋を傾けて煮汁を集め、よく混ぜた水溶き片栗粉を加えて手早く混ぜ、全体にからめる。

1~2分ほど、ときどき混ぜながら煮汁をからめる。