CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

和食シリーズ企画第3弾

これからの和食を考える。これからの和食を考える。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。未来へつなぐために、今できること。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。未来へつなぐために、今できること。

和食シリーズ企画第3弾

これからの和食を考える。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。

第11回きゅうり

第11回のテーマは、きゅうり。
平安時代から栽培されていたという記録もあり、古くから日本人に馴染みの深い野菜です。
パリっとした歯ごたえのある食感とみずみずしさは料理の味を引き立てます。

なすを使ったレシピ

サラダや漬け物、酢の物など、きゅうりは生で食べることが多い野菜。
みずみずしさ、歯切れのよさ、そしてウリ科特有の青っぽい香りが好まれるからでしょう。でも、火を通すと目先が変わってカサも減り、生よりもたくさん食べられます。旬の時期はぜひ試してみてください。
加熱調理するときのポイントは下ごしらえです。
炒め物は、仕上がりが水っぽくならないことが大切。縦半分に切ってみて、種が多いようならスプーンなどを使って除いてから使いましょう。
切り分けたら塩をふり、余分な水分を抜きながら薄く下味をつけると、調味料がなじみやすくなります。冬瓜などの代わりに煮物などに使うときは、香りが強い皮を全部または縞目にむくとよいでしょう。