CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

和食シリーズ企画第3弾

これからの和食を考える。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。

11回 きゅうり新提案レシピきゅうりと蒸し鶏の梅炒め

生のきゅうりを梅肉で食べる「梅きゅう」は、シンプルな酒肴の定番。
今回は、その組み合わせに市販の蒸し鶏を合わせ、手軽な一品に仕立てました。
梅干しは、昔ながらの塩分の濃いものがおすすめです。
はちみつなどが加えられた調味漬けを使うときは、塩を補ってください。

きゅうりと蒸し鶏の梅炒めの材料(4人分)

  • きゅうり…4本
    • 塩…小さじ1/2
  • サラダ用蒸し鶏(市販品)…1枚(約120g)
  • 合わせ調味料
    • 梅干し…2個(正味量15g)
    • 酒…大さじ1
    • しょうゆ…小さじ1
  • 赤唐辛子の小口切り…ひとつまみ
  • サラダ油…大さじ1
  • 白いりごま…適量

きゅうりと蒸し鶏の梅炒めの作り方

※三菱IHクッキングヒーターを使用した作り方をご紹介しています。

1きゅうりの下ごしらえをする

きゅうりは縦半分に切ってスプーンで種を除き、1cm幅の斜め切りにする。

塩をふり混ぜて20分ほどおき、適量ずつキッチンペーパーに包んで水気を絞る。

1その他の下ごしらえをする

蒸し鶏は長さを3等分して厚みを半分に切り、5mm厚さの薄切りにする。

梅干しは種を除いて粗く刻み、残りの調味料を加え混ぜて合わせ調味料を作る。

1炒める

中華鍋を【予熱モード190℃】で熱し、【火力5】にしてサラダ油を熱し、きゅうりと赤唐辛子を炒める。

皮の色が鮮やかになったら蒸し鶏を加えて軽く炒め合わせ、合わせ調味料を加えてからめる。

器に盛り、ごまをふる。