グローバルレベルでコンプライアンスを徹底する体制

印刷用ページへ

三菱電機グループのコンプライアンス体制は、「コンプライアンス推進は、事業推進と一体不可分」との認識の下、三菱電機の各部門及び国内外の関係会社各社が主体的にコンプライアンスを推進する体制としています。

コンプライアンス推進体制(三菱電機グループ)
コンプライアンス推進体制(三菱電機グループ)
アジア地域コンプライアンスマネージャー会議
アジア地域コンプライアンスマネージャー会議
中国地域コンプライアンス実務者会議
中国地域コンプライアンス実務者会議

VOICE(米州コンプライアンス担当者)
Mitsubishi Electric US, Inc. 法務部 副顧問 マリア・オリアリー
Mitsubishi Electric US, Inc.
法務部 副顧問
マリア・オリアリー

Americas Corporate Office(ACO)の法務部に所属し、米州の三菱電機グループの法令遵守活動をサポートしています。メキシコ及びラテンアメリカでは、その会社の事業やその国の法規及び国際基準に合わせたコンプライアンスプログラムの構築を進めており、コンプライアンス方針の策定や従業員研修プログラムの実施、その他コンプライアンス活動についての助言をしています。

事業のあらゆる分野で、確固とした法令遵守に取り組んでいるグローバル企業の一員であることを誇りに感じています。米州の三菱電機グループのコンプライアンス施策・仕組みを充実・拡大して将来の課題を克服できるよう法的サポートを引き続き提供したいと思っています。


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報