有識者ヒアリングの実施

印刷用ページへ

三菱電機グループは、各界でご活躍され、深い知見をお持ちの有識者の方々に、三菱電機グループのCSRの取組についてCSRの最新の潮流を踏まえてご意見を頂きました。2015年度に策定した「三菱電機グループのCSRの重要課題」や「三菱電機グループに期待すること」について、環境、社会、ガバナンスの観点から、CSR推進担当者及び関連の深い部門の担当者が直接お話を伺いました。

国連グローバル・コンパクト ボードメンバー
グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
代表理事 有馬 利男氏

国連グローバル・コンパクト ボードメンバー
グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン 代表理事

有馬 利男氏

専門分野:CSR経営

頂いたご意見:

  • 自社の売上げに短期的には結びつかなくても、顧客満足を第一に考え、持続可能で長期的に社会に貢献することが企業の売上にもつながる。
  • 経営戦略の目標を達成する中で、どう社会価値を創出し、どう他社と差別化していくかが重要。
  • 環境問題に関しては、CO2排出量に対して長期目標を掲げ、目標達成に向けてイノベーションを起こして欲しい。
  • 三菱電機グループは幅広い事業を持つので、様々な技術やサービスを組み合わせてSDGsへ貢献できると期待している。
(株)大和総研 主席研究員
日本サステナブル投資フォーラム共同代表理事
河口 真理子氏

(株)大和総研 主席研究員
日本サステナブル投資フォーラム共同代表理事

河口 真理子氏

専門分野:CSR全般、ESG投資、エシカル消費

頂いたご意見:

  • 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)なども企業に投資家とのESGに関する対話状況に関したアンケートを開始している。こうした動きにより、投資家のESGに関する知識・意識レベルは急速に高まりつつある。
  • 三菱電機グループのESGの取組がどのように企業価値に結びついているか、経営戦略の一環として投資家向けにわかりやすく示すことが望ましい。
  • 三菱電機の創立100周年にあたる2020年度、その先の2050年に向けて、CSRの長期目標の設定に期待する。

ロイド レジスタージャパン(株)取締役
事業開発部門長 冨田秀実氏

ロイド レジスタージャパン(株)
取締役 事業開発部門長

冨田 秀実氏

専門分野:CSR全般(東京2020オリンピック・パラリンピック持続可能性に配慮した調達コード/ISO20400/GRIなどの様々な規格設計に関与)

頂いたご意見:

  • CSRの重要課題について、事業とどう関りがあるか、なぜその課題が重要なのか、リスク・チャンスのどちらで重要と認識しているか、しっかり情報発信して欲しい。
  • どういった事業の、どこにリスクが存在するか把握することが、サプライチェーンマネジメントの基盤となる。
  • グローバルでCSRを進めるには、海外拠点とのネットワークが不可欠。海外拠点のCSR担当者を育成し、定期的なコミュニケーションの場を設けることが望ましい。
  • 事業が多岐にわたるので、様々な業界のCSRのフレームワークの影響を受けるが、軸をしっかり持ち、独自性を持ってCSRを推進していくことが重要。
Sustainavision Ltd. 代表 下田屋毅氏

Sustainavision Ltd. 代表

下田屋 毅氏

専門分野:人権問題、欧州CSR動向

頂いたご意見:

  • 人権課題の対応は、「ビジネスと人権に関する指導原則」に則って進めるべき。
  • 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、日本企業の人権対応により関心が高まる。まず自社工場及びサプライチェーン上のどこに人権のリスクがあるか把握すること、その上で人権NGOとの対話も今後必要となる。
  • ステークホルダーの定期的な特定が必要。世界の拠点ごとのステークホルダーとのコミュニケーションにより、意見・期待・ニーズ等の吸い上げ、また、それらを踏まえた経営戦略としての実施事項の進捗・結果についても伝えていくことが必要。
  • 企業1社で実施できることには限界があるとされ、その上でSDG17「パートナーシップで目標を達成しよう」が重視されている。企業が環境・社会課題を解決するための国際的なイニシアティブへの参加による協働の重要性が高まっている。

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報