社内浸透策

印刷用ページへ

CSRの社内浸透の取組として、以下の施策を実施しています。

役員層へのCSR講演会の開催

役員やCSR委員会の委員等に対して、CSRに関する社会的視点の変化や最新の業界動向について、有識者からお話を頂く講演会を開催しています。役員層にとってもCSRについての重要性を再確認する機会となっています。

CSR講演会①
CSR講演会①
CSR講演会②
CSR講演会②

三菱電機グループ総務部長会議でのCSRの情報共有

グループ会社総務部長会議
グループ会社総務部長会議

三菱電機グループでは年に2回、国内のグループ会社の総務部長が集まり、コンプライアンス等に関する会議を開催しています。近年ではCSRの重要性を鑑み、三菱電機グループに共通するCSR方針やCSRの良好事例等について情報を共有しているだけでなく、個々の会社にとってのCSRについて考える機会としています。今後もグループ全体でのCSRのレベルアップに取り組んでいきます。


新入社員へのCSR研修の実施

毎年三菱電機の新入社員に対するCSR研修を実施しています。企業経営の基本であるCSRへの理解を深め、日々の業務において倫理・遵法を徹底し、品質や環境問題などに取り組むことの重要性を認識する機会としています。新入社員達は、従業員一人ひとりが日々の業務の中でCSRを実践していくことが必要だということを学んでいます。

新入社員へのCSR研修の実施
新入社員へのCSR研修の実施
新入社員へのCSR研修の実施

CSR担当者研修の実施

2016年度に引き続き、2017年度は三菱電機の各事業所のCSR担当者と国内関係会社のCSR担当者計140名を対象に研修を実施しました。CSRの基本的な考え方、社会からの要請、三菱電機グループのCSRの取組の理解やグループディスカッションを通じて、日々の業務の中での担当者としての具体的な役割について学びました。

2018年度以降はCSR担当者を通じて一般従業員向けのCSR研修を実施し、CSRの浸透を更に進めていく予定です。

CSR担当者研修
CSR担当者研修
CSR担当者研修

社内報を通じたCSRの理解促進

国内外のグループ会社に配布している社内報で、CSRに関する取組を紹介しています。一人でも多くの従業員が理解できるよう、日本語と英語にて展開しており、従業員一人ひとりが三菱電機グループに共通するCSRについて考える、貴重な機会となっています。

社内報を通じたCSRの理解促進

社内報を通じたCSRの理解促進

社内報を通じたCSRの理解促進

海外関係会社でのCSRの検討

海外担当者との意見交換
海外担当者との意見交換

三菱電機グループの海外関係各社でも、CSRを推進するための委員会を運営するなど、それぞれの地域に則した活動を行っています。

特に2017年度は、三菱電機グループ共通のCSRの考え方を浸透させるため、海外部門向けの会議にてCSRやSDGsの考え方を共有したほか、アジア域の関係会社スタッフ向け研修や海外の経営幹部向け研修の中でCSRの浸透を図りました。また、アジア、アメリカ、ヨーロッパの担当者と、各地域のCSRの課題や三菱電機グループ共通のCSRの考え方について意見を交わしました。

アジア地域現地スタッフ向けCSR研修

2017年12月、タイの拠点にて、三菱電機本社のCSR担当者を講師として、アジア地域の関係会社の現地スタッフの管理職を対象にしたCSR研修を行いました。当日は、タイのほか、インド、マレーシア、フィリピン、ベトナム、インドネシア、計6カ国18社から24名の社員が参加しました。「自分にとってのCSR」についての意見発表の場を設けた際には、数名の社員から熱心な発表があったほか、「自社でもっとCSRを広めたい。」という意思表示も行われました。これからも交流を通じてグローバルでのCSRの浸透を図っていきます。

アジア地域現地スタッフ向けCSR研修
アジア地域現地スタッフ向けCSR研修

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報