読者アンケート結果

印刷用ページへ

国内外でのCSRレポートに関するアンケートの実施

三菱電機グループのCSRの取組及び「CSRレポート2016」に対して、国内外のステークホルダーの皆様を対象に、アンケート調査を行い、計815名の方からご回答いただきました。

海外からは三菱電機グループとかかわりのある方々215名からご回答をいただき、地域の特性などの多様な外部環境に配慮する必要性をあらためて認識しました。今後はグローバルでより多くの方のご意見を頂きたいと考えます。

本項にてアンケートの結果の一部をご紹介しています。全体的に高く評価いただき、肯定的な意見を多くきましたが、ご指摘いただいた点、気づいた課題を真摯に受け止め、今後の活動へと反映し、グループ全体でCSRをさらに推進したいと考えています。


アンケートの概要と一部の結果
【アンケート実施時期】

2016年12月~2017年3月

【主な質問項目】
  • 経営のトップがCSRの取組を本気で推進しようとしているか
  • 企業が組織全体でCSRを推進することができる仕組みをもっているか
  • 企業の取組が本当に進んでいるか
  • 自社を取り巻く関係者の人々と対話を行っているか
  • わかりやすさ、情報へのアクセスのしやすさへの配慮がされているか
  • レポートの中で特に印象に残った(好意を持った、興味をもった、評価できると感じた)ものをすべて選んでください
  • CSRの重要課題に対して三菱電機グループの取組が十分かどうか
【国内】

★アンケート対象者:

  • 日本
  • 600名
  • 全国の一般男女・15歳以上(環境・CSRへの関心が高い方々)
読者アンケート結果【国内】
読者アンケート結果【国内】

【海外】

★アンケート対象者:

  • アメリカ、欧州、アジア、中国、台湾
  • 215名
  • お客様、株主・投資家、取引先、企業のCSR・環境ご担当者、NGO・NPO、事業所近隣にお住まいの方、行政関係者、学生、三菱電機グループ従業員・家族、その他
読者アンケート結果【海外】
読者アンケート結果【海外】

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報