コミュニケーション状況

印刷用ページへ

事業活動を行う上で、ステークホルダーとの強い信頼関係は必要不可欠です。ステークホルダーに三菱電機グループをご理解いただくとともに、期待や要請・ご意見を伺う多様な機会を設けています。

主なステークホルダー 責任と課題 主な窓口となる部門 主なコミュニケーション
の機会
顧客
個人、法人のお客様
・お客様満足度の向上 ・営業部門
・品質部門
問い合わせ窓口(家電:お客様相談センター、ビルシステム:情報センター等)、営業活動、ウェブサイト、ショールーム、イベント、展示会、お客様アンケート、メディア・CM
・商品の安全性、品質の確保
・お客様への対応、サポート
従業員
三菱電機グループにかかわる労働者全般
・労働安全衛生の確保 ・人事部門
・CSR部門
ホットライン、イントラネット、社内報、各種研修、経営層と従業員のミーティング、従業員意識調査
・人権の尊重
・人材育成
・多様性の尊重
政府・自治体・業界団体
三菱電機グループの事業活動にかかわる政府機関、自治体、業界団体
・法令遵守 ・渉外部門 各種審議会・委員会への参画、業界団体・経済団体の活動への参画
・規制への対応
・政策への提言
NGO・NPO
三菱電機の社会・環境面にかかわるNPO/NGO、市民団体等
・地域社会への貢献を通した助成とパートナーシップ ・総務部門 社会貢献活動(基金、財団、ボランティア活動)、社会・環境面の対話
・社会・環境面の対話
取引先
原料・部品の調達先であるビジネスパートナー
・公正な取引の徹底 ・資材部門 コスト共創活動、CSR調達説明会、BCPセミナー、公正な取引先選定評価結果による打合せ
・サプライチェーンにおけるCSR推進
地域社会
事業所周辺地域
・社会貢献活動の4つの活動分野(社会福祉、科学技術、地球環境保全、文化芸術・スポーツ)への貢献 ・総務部門 本業での貢献、社会貢献活動(基金、海外財団、ボランティア活動)、大学への助成、工場見学、工場開放イベント
株主
三菱電機の株式を直接・間接に保有する株主・投資機関、投資家等
・企業価値の向上  ・IR部門 決算説明会(年4回)、株主総会(年1回)、IRイベント/個別ミーティング、ウェブサイト(IR資料室)、取材対応、株主通信
・適正な利益還元
・情報開示
・ESG投資への対応

主なステークホルダー 責任と課題 主な窓口となる部門 主なコミュニケーションの機会
その他
学術機関や研究機関
・イノベーション創出への協働 ・研究開発部門 産学連携研究、ステークホルダーダイアログ(年1回)
・共同研究
将来世代 ・教育機会の提供 ・総務部門
・海外財団
問い合わせ窓口、社会貢献プログラム、工場見学、財団を通じた助成、イベント

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報