CSRの重要課題とSDGsマネジメント

印刷用ページへ

CSRの重要課題

三菱電機グループは、GRI(Global Reporting Initiative)からの要請や、社会動向及び事業環境に鑑み、CSRをより経営と一体化し、長期的に推進していくため、CSRの重要課題(マテリアリティ)と取組項目を2015年度に特定しました。

  • 企業のサステナビリティ報告に関する世界共通のガイドラインを提唱する国際団体

CSRの重要課題

三菱電機グループは、「企業理念」及び「7つの行動指針」をCSRの基本方針とし、豊かな社会の実現に貢献する「グローバル環境先進企業」を目指し、4つの重要課題に対する取組をサプライチェーンと共に推進します。

持続可能な社会の実現 人権の尊重と多様な人材の活躍 安心・安全・快適性の提供 コーポレート・ガバナンス、コンプライアンスの継続的強化

三菱電機グループとSDGs

2015年に国連総会でSDGs(持続可能な開発目標)が採択されました。三菱電機グループはこれを社会から求められる重要な課題と捉えています。

三菱電機グループは、経営戦略の中で、「持続可能な社会」と「安心・安全・快適性」が両立する豊かな社会の実現に貢献する「グローバル環境先進企業」を目指すべき企業の姿として位置付けています。これは、世界共通の目標であるSDGsが目指すものと合致していると考えています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標
※SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)

2001年に策定されたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals;MDGs)の後継として、2015年9月の国連総会で採択された2016年から2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するために、17のゴール・169のターゲットからなるSDGsを掲げています。SDGsにおいては、日本も含む先進国の在り方にも変化を求めていること、また、その取組の過程で“地球上の誰一人として取り残さない(no one will be left behind)”ことを誓っていることが特徴です。

国際連合広報センター新しいウィンドウが開きます


SDGsへの取組

三菱電機グループは、多くの事業や、環境・社会・ガバナンス(ESG)などの全ての企業活動を通じてSDGsの17の目標の達成に貢献します。

一方で、更にSDGsに貢献していくためには、分野を定めて注力していくことが必要と考えています。総合電機メーカーとしての強みを発揮でき、目指すべき企業の姿とも合致する「目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、「目標11:住み続けられるまちづくりを」、「目標13:気候変動に具体的な対策を」について、技術シナジー・事業シナジー等を通じて価値を創出し、重点的に取り組んでいくことで、よりSDGsの達成に貢献します。

今後も三菱電機グループはSDGsの考え方を経営に統合し、引き続き取組を推進していきます。

三菱電機グループが重点的に取り組むSDGs
三菱電機グループが重点的に取り組むSDGs

CSRの重要課題への取組を通じたSDGsへの貢献

三菱電機グループは、CSRの重要課題を特定し、各目標/KPIを定め、目標達成に向けて取組を進めています。社会課題に対して企業としてどう貢献できるかという視点を持ってCSRの重要課題を特定・見直ししており、SDGsに対して、CSRの重要課題への取組を中心として貢献していきたいと考えています。

CSRの重要課題とSDGsの考え方の整理
CSRの重要課題とSDGsの考え方の整理

17の目標への取組

三菱電機グループは、全ての企業活動を通じて、SDGsの17の目標の達成に貢献します。特に、身近な家電製品から国家規模のプロジェクトや人工衛星まで、技術・製品・サービスを多岐にわたって展開している総合電機メーカーとして、製品・サービスを通じて貢献できる面は大きいと考えています。

  • 貧困をなくそう

    雇用の創出と貧困の解消

    事業のグローバル展開による雇用創出、社会インフラの整備や社会貢献活動等を通じて、貧困解消に取り組んでいます。

  • 飢餓をゼロに

    農業の支援と冷凍・冷蔵技術による食糧問題への貢献

    ICTや測位衛星によるIT農業の支援、FAによる食品工場の生産性向上、食品の冷凍・冷蔵技術等によって、食料問題の解決に貢献しています。

  • すべての人に健康と福祉を

    健康的な生活の確保と福祉の推進

    交通事故の削減に貢献する安全運転支援システムや、空調事業を通じた快適な空気環境の提供等によって、健康と福祉の向上へ貢献しています。

  • 質の高い教育をみんなに

    途上国への技術支援と社会貢献活動による次世代の育成

    途上国への技術支援や通信・IT技術による遠隔教育支援への寄与に加えて、社会貢献活動による次世代育成等に貢献しています。

  • ジェンダー平等を実現しよう

    女性活躍のサポートと推進

    ICTサービスや家電製品の提供を通じた女性の社会進出のサポートに加えて、グループ内にて女性の更なる活躍を推進しています。

  • 安全な水とトイレを世界中に

    水の利用可能性の拡大と持続可能な管理の提供

    水処理・水の浄化に関する技術を用いて、安全な水を供給するための技術やシステムを提供しています。


  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに

    持続可能なエネルギーの確保と利用拡大

    省エネ・創エネやスマート社会の実現に貢献する技術やシステムの開発を進めるとともに、これらの技術・製品・サービスの普及に取り組んでいます。

  • 働きがいも経済成長も

    FAやAI技術による生産性の向上と働きやすい職場環境の整備

    FAやAI技術による生産性の向上への貢献や、グループ内における働きやすい職場環境整備に取り組んでいます。

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

    持続可能な産業化の促進と技術革新の拡大

    FAによって「ものづくり」を支えるとともに、技術革新を進めること等で、産業分野の発展へ貢献しています。

  • 人や国の不平等をなくそう

    人権の尊重と差別の撲滅

    ステークホルダーと協力し、人権が尊重され、差別のない社会の実現に貢献しています。

  • 住み続けられるまちづくりを

    安心・安全・快適なくらしの実現

    インフラ、家電製品などを通じて、人々のくらしに安心・安全・快適性を提供しています。

  • つくる責任つかう責任

    持続可能な生産消費形態の確保

    メーカーの責任として、製品製造時に使用する資源量の削減、使用済み製品のリサイクルに取り組むほか、廃棄物最終処分量の低減、グリーン調達を推進しています。

  • 気候変動に具体的な政策を

    気候変動及びその影響の軽減

    CO2を含む温室効果ガスの排出量をバリューチェーン全体で把握し、目標を立てて削減を図っています。

  • 海の豊かさを守ろう陸の豊かさも守ろう

    生態系の保護・回復、生物多様性の損失防止

    海洋や森林の状況を伝える観測衛星を開発・提供しているほか、三菱電機の各事業所で、周辺環境との共生を図る取組も進めています。

  • 平和と公正をすべての人に

    公正で平和な社会の実現

    法や国際規範に基づき、サプライチェーンと共に、グローバルで人権・労働・環境・腐敗防止等の改善に取り組んでいます。


  • パートナーシップで目標を達成しよう

    パートナーシップによるSDGsへの貢献

    行政、大学、研究機関、企業、NGO等とのオープンイノベーションなどによるパートナーシップを通じ、SDGsの達成に貢献しています。


SDGsへの取組の進捗

三菱電機グループではSDGsに関する従業員一人ひとりの理解を深めるべく、SDGsの採択の背景や個々の目標について、様々な形で浸透策を実施しています。CSR委員会、CSR専門部会、CSR事業推進部会ではSDGsに対して、三菱電機グループとしてどのように貢献できるか、自社の取組を整理することから検討を開始し、2017年度に重点的に取り組む目標を決定しました。

また、2017年度は、経営層と有識者とのダイアログにおいて、国連広報センター 所長の根本かおる氏に参加いただき、特にSDGsに関する三菱電機グループへの期待について提言いただきました。今後の具体的な施策に活用したいと考えています。

世界共通の目標達成に向けて、引き続きマネジメントを強化するとともに、社内浸透を図り、SDGsの考え方を経営に統合していきます。

これまでの主なSDGsに関する取組
  • グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン有馬利男氏による役員向講演会(2017年度)
  • 経営戦略への反映(2017年度、2018年度)
  • 研究開発部門での講演会の開催(2017年度)
  • 社内報を通じた理解促進(2017年度、2018年度)
  • CSR担当者研修での推進者への教育(2017年度)
グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン有馬利男氏による役員向講演会
グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン有馬利男氏による役員向講演会
研究開発部門での講演会
研究開発部門での講演会
CSR担当者研修
CSR担当者研修
経営戦略2018
経営戦略2018
社内報
社内報

VOICE(研究開発部門のSDGs研修の担当者)
デザイン研究所
未来イノベーションセンター
マーケティンググループ
グループマネージャー
束田 智輝
デザイン研究所
未来イノベーションセンター
マーケティンググループ
グループマネージャー
束田 智輝

SDGsには、三菱電機グループの技術を活かした製品やサービスで解決できる・すべき課題が多く挙げられています。

私はこれまで、三菱電機社員に対し、SDGsに関する外部ワークショップへの参加を働きかけたり、有識者による講演会を開催するなど、SDGsがビジネス発想の起点になり得る、という考え方を理解してもらうための活動をしてきました。

今後は長期的な視点で社会変化の動向を確実に捉え、三菱電機グループが研究開発すべき具体的なテーマの創出とその推進を通じて、多くの人々の生活の質が向上するSDGsの目標の達成に向けてビジネスを通じて貢献していきたいと思います。


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報