人権の尊重と多様な人材の活躍

印刷用ページへ

三菱電機グループは、事業を行う各国・地域において、広く人や社会とのかかわりを持っていることを認識し、すべての人々の人権を尊重します。また、従業員のダイバーシティや労働安全衛生の確保につとめると共に、多様な人材が活躍できるよう「働き方改革」をすすめています。

マネジメントメッセージ
働き方改革の推進
三菱電機株式会社
人事部長
原田真治
三菱電機株式会社
人事部長
原田 真治

三菱電機グループは、2016年4月から「働き方改革」を経営施策として掲げ、「成果・効率をより重視する企業風土への変革」と「仕事に対する意識の改革」を通じて、誰もが仕事と生活を両立できる職場環境づくりに取り組んでいます。

具体的には、全社をあげて総労働時間の削減と適切な労働時間管理に取り組むとともに、「業務のスリム化」、「成果・効率に対する意識の一層の醸成」、「仕事と生活を両立できる職場環境づくり」、「職場内コミュニケーションの一層の促進」の4つの視点に基づき、各事業所で具体的な活動を推進しています。

特に、職場で生産性高く仕事を進めていく上で、円滑なコミュニケーションは必要不可欠です。コミュニケーションは一方通行では成立しません。上司・部下、先輩・後輩、それぞれが相手の立場を考慮して、職場として堅固な信頼関係を築いていくことが重要です。

働き方改革の推進

「労働時間適正化委員会」の発足

労働時間適正化委員会
労働時間適正化委員会

三菱電機株式会社は、全社をあげて総労働時間の削減と適切な労働時間管理に取り組むために、社長直轄の「労働時間適正化委員会」を発足しました。

総労働時間の削減加速とさらなる適切な労働時間管理を両輪として推進することで、従業員一人ひとりの心身の健康に配慮した健全な職場環境をあらためて構築するとともに、労働基準法や労働安全衛生法などの関係法令に違反することのない体制を確立します。

各事業所での社長フォーラムの開催

事業所での働き方改革推進を一層加速させるため、2017年2月から、「働き方改革・社長フォーラム」を各エリアで順次開催しています。社長自らが事業所へ訪問し、本活動に対する経営トップの考えや会社としての目指す方向性を示すだけではなく、従業員の率直な意見や会社への要望を聞く、双方向のコミュニケーションの場となっています。

従業員と社長の対話
従業員と社長の対話
従業員と社長の対話

関連する取組は以下をご覧ください。

労働慣行


人権の尊重

2001年に策定した「企業倫理・遵法宣言」の「人権の尊重」の項目において「常に人権を尊重した行動をとり、国籍、人種、宗教、性別等いかなる差別も行いません。」と宣言しました。そして、「三菱電機グループ倫理・遵法行動規範」の人権の尊重に関する行動規範に則った取組を進めています。

具体的には、新入社員や新任の管理職に対して、人権に関する研修を継続的に実施し、差別やハラスメントのない健全な職場環境の確保や互いに多様性を認め合える組織風土づくりを目指しています。

2016年度は、英国子会社において、強制労働、人身取引等「現代の奴隷」の根絶を目的として制定された英国現代奴隷法へ対応しました。今後も情報開示と取組の強化を継続していきます。

また、サプライチェーンマネジメントの一環として、事業を行う各国・地域において、基本的人権の尊重をお取引先へ依頼しています。調査票により取組状況を評価し、評価の低い項目があるお取引先とはコミュニケーションを図り、改善指導を行っています。

関連する取組は以下をご覧ください。


ダイバーシティ

三菱電機グループを取り巻く環境の変化がますます激しくなる中で、性別や年齢等にかかわらず従業員が最大限に能力を発揮し、活躍することは事業の発展にとって非常に重要です。

女性活躍については、採用、研修、配置、制度など多角的な視点から各種取組を推進しています。ライフイベントとの調和を図りながら前向きにキャリア形成するための気づきの機会として、若手女性社員向けのキャリアフォーラムを開催しています。さらに、新任管理職研修にて女性活躍推進に関するカリキュラムを必須化し、意識啓発やマネジメント力の強化に取り組んでいます。女性活躍推進法に基づく行動計画においても「2020年度までに技術系新卒採用に占める女性比率20%以上」とすることを目標として掲げ、理系女子学生を中心とした採用活動に積極的に取り組んでいます。

また、特例子会社「メルコテンダーメイツ株式会社」でのチャレンジド社員(障がいをかかえる社員)による事業の拡大など、様々な面で多様な人材が活躍できる環境を整えています。

三菱電機グループの海外従業員はグループ全体の38%を占めます。日本の製作所における研修、海外幹部候補者の研修、海外関係会社幹部への幅広い登用等により、世界中の人材が活躍できるグローバル企業を目指しています。

チャレンジド社員の活躍
チャレンジド社員の活躍
海外幹部候補者の研修
海外幹部候補者の研修

関連する取組は以下をご覧ください。

労働慣行


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報