特定・見直しプロセス

印刷用ページへ

三菱電機グループは、社会動向や事業環境に鑑み、GRIガイドライン第4版(G4ガイドライン)でも要求されているCSRの重要課題(マテリアリティ)と取組項目を2015年度に特定しました。

今後も社内外の声を取り入れながら、PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルによる継続的な改善活動により取組を強化し、情報開示の拡充を図ります。

2016年度はステークホルダーへのアンケート(815名)や有識者へのヒアリングや経営層も交えた有識者とのダイアログなど、社外からの客観的な評価を考慮し、社内のCSR専門部会やCSR事業推進部会において議論を重ね、課題の見直しを実施しました。

重要課題特定・見直しプロセス

Step 1  社会課題の認識

ガイドライン等からの重要課題候補の抽出

ISO26000※1の中核課題、GRIガイドライン第4版※2での46の重要側面、持続可能な開発目標(SDGs)※3の169項目等をもとに、CSRの重要課題の候補となる項目を設定しました(29項目)。

  • ※1:国際標準化機構(ISO)が発行する社会的責任に関する手引き
  • ※2:国際NGOであるGRI(Global Reporting Initiative)が発行する持続可能性報告のための国際的なガイドライン「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン(GRIガイドライン)」第4版
  • ※3:2015年の国連総会で採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)。途上国だけでなく先進国の課題も含む17の目標、169項目のターゲットが掲げられている
ガイドライン等からの重要課題候補の抽出
ガイドライン等からの重要課題候補の抽出

Step 2  社内外の意見の把握と重要課題の特定

各ステークホルダーへのアンケート
各ステークホルダーへのアンケート
社内ワーキンググループ
社内ワーキンググループ
有識者へのヒアリング
有識者へのヒアリング
有識者とのダイアログ
有識者とのダイアログ

Step 3  重要課題の決定

CSR委員会での決定

CSR委員会での決定
CSR委員会での決定

このようなプロセスを経て抽出・特定した課題と具体的な取組項目と目標/取組指標(KPI)を社内ワーキンググループにて確認し、三菱電機グループのCSRの重要課題としてCSR委員会で決定しました。


Step 4  重要課題の見直し

CSRの重要課題、取組項目、目標/取組指標(KPI)についての社内外からの意見を考慮し、見直しを実施しました。

各ステークホルダーへのアンケート(例:国内外でのCSRレポートに関する社内アンケート)
各ステークホルダーへのアンケート(例:国内外でのCSRレポートに関する社内アンケート)
各ステークホルダーへのアンケート(例:国内外でのCSRレポートに関する社内アンケート)
有識者へのヒアリング
有識者へのヒアリング
有識者とのダイアログ
有識者とのダイアログ

CSR委員会、CSR 専門部会、CSR事業推進部会

2016年度は特に事業部門との連携を強化し、製品・サービスを通じた社会への貢献についての具体的な目標/取組指標(KPI)を検討しました。今後も外部環境や事業環境の変化を捉え、継続的に見直しを図り、PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルによる継続的な改善活動により取組を強化します。

【2016年度に特に考慮した社会からの要請】
  • 持続可能な開発目標(SDGs)
  • 人権に関する世界動向
  • グローバル企業としてのグループでの取組

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報