お取引先への責任と行動

印刷用ページへ
サプライチェーンで果たすCSR

資材調達基本方針

三菱電機グループでは、次の3つの基本方針に基づき、資材を調達しています。

  • 1 Easy Access And Equal Opportunity
    • ~常に公平に新しいパートナーを求めています~
    • 広く門戸を開放して公正にお取引先を選定し、契約にもとづく誠実な取引を行います。
  • 2 Mutual Prosperity
    • ~相互理解を深め、信頼関係の構築に努めています~
    • 製品の開発段階からお取引先の参画を得て、コスト・技術面などでWin-Win関係を構築します。
  • 3 Ecological Soundness
    • ~環境負荷の少ない資材の調達を推進します~
    • お客さまからの要求内容と環境関連法規を踏まえて、環境負荷の少ない部品・サービス等を調達します。

CSR調達指針

また、2007年度より「CSR調達指針」を定め、この指針に基づき、資材調達活動を行っております。

  1. 国内外の法令及び社会規範の遵守
    1. (1)法令遵守の徹底
    2. (2)人権尊重、あらゆる差別・児童労働並びに強制労働の禁止
    3. (3)適切な労働環境の整備
  2. 製品・サービスの品質と安全性の確保
  3. 環境への配慮
    1. (1)環境負荷の少ない資材の調達
    2. (2)環境マネジメントシステムにもとづく有害化学物質管理の徹底
  4. 企業倫理にもとづく公正な取引の推進
    1. (1)公正、対等な立場での、法令、契約にもとづく誠実な取引の実行
    2. (2)情報システムセキュリティー構築による情報の管理・保護の徹底
    3. (3)企業倫理にもとる行為の徹底排除

<責任ある鉱物調達への取組み>

三菱電機グループでは、コンゴ民主共和国およびその周辺国における武装勢力の人権侵害、環境破壊等の問題を重大な問題ととらえています。この武装勢力は紛争鉱物(※)取引を資金源にしているとみられることから、これら問題の助長とならないよう、サプライチェーンの透明性をはかり、責任ある鉱物調達の推進に取り組んでいきます。

  • (※)上記諸国において採掘される金、錫、タンタル、タングステン、その他(米国国務省が資金源と判断する鉱物)

お取引先とのより良い関係づくり

調達にあたっては、三菱電機グループが定める取引先選定基準に基づき、品質・納期・価格・サービス対応・環境配慮及び遵法体制の構築などの点から定期的にお取引先を評価しています。

お取引先とは中期的視点に立った、より良い取引関係を構築することが必要と考えており、総合的な評価が高いお取引先から優先的に調達しています。また、特に事業を推進するうえで重要なお取引先を「キーサプライヤー」として位置づけています。

「キーサプライヤー」は、製品の性能にかかわる重要部品のお取引先や、高度な技術力を保有するお取引先などが該当します。

開発の源流段階から部品・材料の共同開発や先端製品の採用、VAの推進などを実施し、一般のお取引先より一歩踏み込んだパートナーシップを築き、コストをともに創り込む活動(コスト共創活動)を展開しています。

この取組では、小形軽量化による材料の使用量削減並びに環境に対する負荷低減を推進し、当社とお取引先双方にとっても売上拡大や技術力の向上につながるといった、Win-Winの関係づくりを図ることができます。

当社は、2003年度以降、キーサプライヤーとともに、開発の源流段階からのコスト共創活動を推進し、大きな成果をあげており、今後も積極的に取り組みます。

また、欧米・中国・アジア地区においても日本国内での取組と同様に、お取引先との、価格、品質面での競争力強化に向けた取組を行い、三菱電機グループ全体での調達力を更に強化していきます。

  • ※VA:製品や部品の本質的機能を得るための最小原価を求める手法。

製品品質・安全性確保のために

三菱電機グループの事業領域は多岐にわたり、人工衛星や発電機・送変電機器などの受注生産から、家電製品などの量産品まで、お客さまごとに要求される品質基準はそれぞれ異なります。

三菱電機グループでは、製品毎に品質基準を設け、お取引先に対し、これに基づく品質保証をお願いしています。

これからもお取引先と協力して品質・安全性の確保を図ってまいります。


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報

おすすめツール

サイトプリント&e-Book

お好みに応じてサイトコンテンツを本のように閲覧したり印刷することができます。