製品の使いやすさのために

印刷用ページへ

基本的な考え方

三菱電機グループは「より多くの人が使いやすいものづくり 生活しやすい環境づくり」をユニバーサルデザイン開発の理念に掲げています。真の「使いやすさ」「生活しやすさ」を実現するため、より多くの方に満足度の高い製品と生活環境の提供を目指すことを基本方針としています。

三菱電機グループのユニバーサルデザインの取組

エアコンやテレビなどの家電製品やエレベーターなどの公共機器に対して、様々な人が使うことを想定してUD(ユニバーサルデザイン)を適用し、継続的に進化させてきました。

  • 「ユニ&エコ」・・・2004年度から家電製品において誰にでも使いやすい“ユニ”(ユニバーサルデザイン)と、省エネが「見える・できる・お知らせする」 “エコ”を実現した「ユニ&エコ」事業戦略を展開しました。
  • 「らく楽アシスト」・・・2010年度から更にターゲットを70代の高齢者まで引き上げ、より多くの人が最新の便利な機能を自在に楽に使いこなせることを目指した「らく楽アシスト」事業戦略を展開しました。
  • 「SMART QUALITY(スマートクオリティ)」・・・2012年度からスタートした「賢い・つながる・ムダがない」スマートな技術により、社会・暮らし・製品・人をつなぎ、明日の暮らしのクオリティー向上を実現する「SMART QUALITY(スマートクオリティ)」の取組の中でも「らく楽アシスト」戦略を継続しています。

年表

年表
※Graphic User Interface

これまでの主な事例紹介

家電製品への適用

三菱電機は早くから家電製品にUD(ユニバーサルデザイン)の適用を進めてきました。調理機器の「らく楽IHクッキングヒーター」でも、「UD設計ガイドライン」を適用しています。

  • ボタン数の少ないシンプルな操作プレートとし、ボタンサイズも表示文字サイズも大きめに設計しました。
  • IHの基本操作の順番を、数字でわかりやすく表示しました。さらに、火力操作の表示も「強く」「弱く」と明快に表示しました。
  • 音声で操作のアシストや注意喚起を行います。
  • IH本体のまわりを見張る人感センサーを搭載。お料理中の不在や高温注意時には音声で注意喚起を行います。
デカ文字&ナンバーナビ
デカ文字&ナンバーナビ

IHクッキングヒーター「らく楽IH」CS-G20AKS

デカ文字&ナンバーナビ

<特長>

  • 表示文字サイズは従来比約1.8倍
    (三菱電機従来品 G38MSとの比較)
  • 数字の順番に押すだけで操作可能
見まもりセンサー&音声ナビ
見まもりセンサー&音声ナビ

見まもりセンサー&音声ナビ

<特長>

  • 本体のまわりを見張る人感センサーを搭載
  • 音声で操作のアシストや注意喚起

産業分野への適用

専門性が高く機器を扱う人が比較的固定化されている産業分野でも、労働者の高齢化や外国人作業者、非熟練作業者の増加など、労働環境が変化しており、UD(ユニバーサルデザイン)が求められるようになってきました。三菱電機では、FA(工場自動化)機器、電力機器などの産業用製品や作業現場での据付・保守に対してもUD(ユニバーサルデザイン)の適用を進めています。

FA機器の「シーケンサ」にも、「UD設計ガイドライン」を適用しています。

  • 実物を模した印刷デザインなどの分かりやすい表現により、表示内容を直感的に理解できます。
  • 大きなUDフォント表示や、背景色とのコントラストの確保など、色弱者にも配慮した表現としています。
  • 英語/日本語の階層表現による理解しやすい情報表示で、未熟練者でも現場トラブルの原因特定が容易です。
  • 前広がりの筐体(きょうたい)形状などの工夫により、操作部を拡大し操作性を向上しています。
実物を模した印刷デザイン
実物を模した印刷デザイン
色弱者にも配慮した表現
色弱者にも配慮した表現
理解しやすい情報表示 理解しやすい情報表示
操作部を拡大し操作性を向上 操作部を拡大し操作性を向上

ユニバーサルデザイン評価システム「UD-Checker」

UD-Checkerはデザイナーや設計者が共通で使える、三菱電機独自のUD(ユニバーサルデザイン)のチェック用ツールです。

「認知」「識別」「身体」「安全性・利便性」の4つの評価軸でUD(ユニバーサルデザイン)の達成度を定量的に示せるため、開発ポイントの抽出と具体的な設計への展開が容易になり、製品の効率的な開発に役立っています。三菱電機では、家電・公共機器から産業機器に至るまでUD-Checkerを活用しています。

UD-Checkerにおける4つの評価軸

  1. 「認知」:わかりやすさへの配慮
  2. 「識別」:見やすさ・聞き取りやすさへの配慮
  3. 「身体」:楽な姿勢・身体的負荷への配慮
  4. 「安全性・利便性」:危険や誤操作なく使えることへの配慮
認知

分かりやすさへの配慮

例)
機能が分かりやすいボタン
(録画機能付きテレビのリモコン)

機能が分かりやすいボタン
(録画機能付きテレビのリモコン)
識別

見やすさ・聞き取りやすさへの配慮

例)
高齢者にも読みやすい
文字の大きさ

主要な文字・数字・記号

7.5ミリ以上
身体

楽な姿勢・身体的負荷への配慮

様々な掃除シーンに合わせて最適な持ち方を選択できるハンドル形状
様々な掃除シーンに合わせて最適な持ち方を選択できるハンドル形状

例)
様々な掃除シーンに合わせて最適な持ち方を選択できるハンドル形状

安全性
利便性

危険や誤操作なく使えることへの配慮

例)
蒸気に触れる危険を防いで
安全性に配慮した炊飯器

蒸気に触れる危険を防いで安全性に配慮した炊飯器
UD-Checkerにおける4つの評価軸
チェック項目の記入内容から結果シートを自動出力 チェック項目の記入内容から結果シートを自動出力

「UD-Checker」の詳細新しいウィンドウが開きます


多くの人の使いやすさに向けた「UD設計ガイドライン」

UD(ユニバーサルデザイン)設計ガイドラインは、UD-Checkerを使用して得られた知見を基に策定された、幅広い製品の開発に適用するための基準です。子どもから高齢者、身体の不自由な人まで、より多くの人が安心して使えるように、加齢によるヒトの特性の変化や障がいへの配慮をガイドライン化したもので、UD-Checkerと同じく「認知」「識別」「身体」「安全性・利便性」の4つの視点で構成されています。

多くの人の使いやすさに向けた「UD設計ガイドライン」
多くの人の使いやすさに向けた「UD設計ガイドライン」
多くの人の使いやすさに向けた「UD設計ガイドライン」

より分かりやすい取扱説明書づくり

三菱電機グループでは「取扱説明書一流化活動」を展開し、お客様に快適に、安全にご使用いただけるよう「見やすく、分かりやすい」取扱説明書づくりに努めています。その基本となるのが、独自の「家電機器取扱説明書作成要領 解説」で、家電製品を扱う国内関係会社に配布し、取扱説明書の品質レベル向上を図っています。

取扱説明書の事例 ~三菱ルームエアコン霧ヶ峰FLシリーズ~

『早わかりガイド(基本操作)』は、ボタンを大きく抜き出したことにより、リモコンのどのボタンを押せば良いか一目で認識できるようにしました。また、大きいフォントサイズで余白を贅沢に使い、非常に分かりやすい説明にしています。

新しいウィンドウが開きます三菱ルームエアコン霧ヶ峰FLシリーズ取扱説明書(PDF:7.01MB)

早わかりガイド(基本操作)
早わかりガイド(基本操作)
早わかりガイド(基本操作)

受賞実績

2018年度は、国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)が主催する「IAUD国際デザイン賞」において、様々なユーザーを対象とした評価実験に基づく開発が評価され、「病院向け引き出し式電子冷蔵庫」、「鉄道車両向けフルカラーLED表示器」、「純正カーナビゲーションシリーズGathersプレミアムインターナビ」、が金賞を受賞しました。他にも「コードレススティッククリーナーJXH iNSTICK ZUBAQ」が銀賞等、計8件が受賞しました。

2019年度も、三菱電機の幅広い分野で、様々な配慮・工夫を重ねたユニバーサルデザイン製品を創出していきます。

病院向け引き出し式電子冷蔵庫
病院向け引き出し式電子冷蔵庫
鉄道車両向けフルカラーLED表示器
鉄道車両向けフルカラーLED表示器
純正カーナビゲーションシリーズGathersプレミアムインターナビ
純正カーナビゲーションシリーズGathersプレミアムインターナビ
コードレススティッククリーナーJXH iNSTICK ZUBAQ
コードレススティッククリーナーJXH iNSTICK ZUBAQ

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報