人材に対する考え方

印刷用ページへ

基本的な考え方

三菱電機は、適正人員構造の中長期的な維持に加えて、「電力システム」「交通システム」「ビルシステム」「FAシステム」「自動車機器」「宇宙システム」「パワーデバイス」「空調冷熱システム」を中心とする成長分野の更なるグローバル展開を実現すべく、積極的な社員採用を継続しています。

また、国内関係会社においても、事業強化及び技術開発力・営業力・ものづくり力強化の観点からの継続的な社員採用を計画しています。

なお、採用活動に当たっては、(社)日本経済団体連合会の「大学卒業予定者・大学院修士課程修了予定者等の採用選考に関する指針」を順守します。

積極的な採用の継続

三菱電機(単独)の新卒者採用数は、2018年10月入社及び2019年4月入社の合計で1,190名を計画しています。三菱電機は2012年度以降1,000名を超える規模で新卒者を採用しており、今後も、もう一段高いレベルの成長の実現に向けて、積極的な採用を継続していきます。

三菱電機グループ採用計画(2018年3月時点)
1. 新卒者採用

(単位:人)
      2016年10月入社
及び
2017年4月入社
(実績)
2017年10月入社
及び
2018年4月入社
(見込)
2018年10月入社
及び
2019年4月入社
(計画)
  技術系 650 650 690
事務系 220 220 230
技能系 270 270 270
  三菱電機(単独) 1,140 1,140 1,190
  2017年4月入社
(実績)
2018年4月入社
(見込)
2019年4月入社
(計画)
  国内関係会社 1,500 1,500 1,500
  新卒者 計 2,640 2,640 2,690

2. 経験者採用

(単位:人)
    2016年度
(実績)
2017年度
(見込)
2018年度
(計画)
三菱電機(単独) 550 550 550
国内関係会社 1,200 1,000 1,000
  経験者 計 1,750 1,550 1,550

3. 三菱電機(単体)新卒採用 技術系 女性比率

2017年度(実績) 2018年度(見込) 2019年度(計画) 2021年度(目標)
11% 13% 15% 20%

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報